« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

[中学2年生] L.H.R レクリエーション「綱引き」

中学2年生の L.H.R ではレクリエーションとして綱引きを行いました。生徒はレクリエーションと聞いて楽しみにしていました。暑い日差しの中を素早くグラウンドに集まり、用意された綱を見てわくわくする気持ちでいっぱいです。

準備体操を念入りに行い、全クラス総当たり戦で試合開始です。作戦会議をするクラス、円陣を組んで気合を入れるクラス、取り組みは様々ですが、勝っても負けても歓声はやみません。足元から砂煙をあげながら歯を食いしばって、一生懸命綱を引っ張ります。試合毎に綱を握って赤くなった手を次々に見せにくる生徒の笑顔は日差しよりもまぶしく輝いていました。

R02 R03 R01

2007/06/29 | 学年から

2007年6月27日 (水)

[中学2年生] 調理実習

中学2年生の技術家庭の授業では調理実習を行っています。煮物とみそ汁とご飯、スパゲッティミートソースとコンソメジュリエンヌ、ハンバーグと付け合せお野菜、…といった基本の料理に挑戦です。

調理実習の前には、カロリーや栄養バランスを考えた献立を作る勉強をしました。それから、複数の献立を並行して作ることのできるように、作り方を考えました。調理台、流し、こんろ(中)、こんろ(大)、オーブンという風に、調理場所や調理器具に分けて計画を練り、誰がいつ何をするのか分担しました。

そして、いよいよ調理実習です。計画を立てるだけでは分からない、包丁の使い方、火加減など、日頃のお手伝いの成果が表れます。たまねぎが目にしみて涙を流しながらも一生懸命作っています。おいしく出来た時には試食の手が進みニコニコ笑顔、失敗した時には思わず顔を見合わせてニヤニヤ笑い、どちらにしても皆で力を合わせて楽しく作ることができました。

Cook2
Cook1

2007/06/27 | 学年から

2007年6月25日 (月)

[Cブロック/高2]「修学旅行」事前研修!

 7月15日から5泊6日、高校2年生は修学旅行に出かけます。コースは太宰府、門司、島原、雲仙、平戸、長崎です。各地の自然の雄大な景観や歴史的文化遺産にふれるとともに、長崎では「平和」を考えるセミナーに参加し、原爆慰霊碑の献花・千羽鶴の献納のあと、平和祈念のミサに預かる予定です。
 毎年のことながら、その準備が5月下旬からスタートしています。各地の名所や史跡・見学予定地についてのレクチャーを受け、自主的に文献にあたったり、班行動のコースを協力しながら考えたりしています。修学旅行委員を中心に、パンフレット作成やセミナー等の司会などの役割分担も徐々に定まってきました。昼休みや放課後に、原爆慰霊碑に献納する「千羽鶴」も心を込めて、少しずつ織り始めました。
  高校生の宿泊行事は四つありますが、なかでも修学旅行は最も長く、思い出に残る行事として「卒業時アンケート」でも上位にくる旅行です。
  暑い夏の九州、親睦を図るだけではなく、「見て」「考える」場として、修学旅行が有意義なものとなるよう、準備を進めたいと思います。

2_34 3_241_42

2007/06/25 | 学年から

2007年6月22日 (金)

「公開授業」が行われました。

  今日は保護者の方を対象に、朝礼から放課後活動まで終日公開し、日常のお子様の学校生活の様子をご覧いただきました。

「日頃子供から聞いている様子を実際に見ることができてよかった。」「1日公開しているので、色々な授業を見られてよかった。」「70分授業にも子供たちは集中して受けている姿に感心した。」「高校にも事前に時間割があるとよかった。」などの感想が寄せられました。ありがとうございました。

Cimg93

Cimg00 

2007/06/22 | |

2007年6月21日 (木)

[高等学校]生徒総会が行われました

本日の午前中、アリーナで高校の生徒総会が行われました。総会は2部構成となっており、第1部では各委員会の委員長、運動部・文化部議長からの活動報告や、生徒会予算案の報告などがありました。各委員会からは活動目標や、全校生徒への協力の呼びかけが行われました。第2部では「学年を越えた交流を持つには?」というテーマで討議を行いました。今日を迎えるまで、生徒会役員を中心に準備を進めてきた結果、有意義な時間を迎えることができたと思います。生徒一人一人が「生徒会会員」であるという自覚を持ち、この場で話し合った数々のことを心にとめ、生活していって欲しいと思います。

2_35 3_25 1_43

2007/06/21 | お知らせ

2007年6月18日 (月)

[テニスクラブ]新体制のスタートです!!

16日(土)、真夏のような太陽の下、2007年度のテニス部新体制がいよいよ本格的にスタートしました。高校生は2年5名、1年8名、中学生は3年12名、2年5名に、1年生の新入部員11名を迎え、合計41名の部員となりました。普段はなかなか一緒に練習する機会がありませんが、この日は部員の顔合わせを行い、改めて中高で一つの部活であることを認識し合いました。これからも学年を越えて互いに学びあい、高め合える存在であって欲しいと思います。そしてテニス部員らしい、さわやかな挨拶、けじめある態度、そして多くの人への感謝の気持ちを忘れず、新しいテニス部づくりに、元気よく邁進して欲しいと思います。

1_41

2_333_23

2007/06/18 | クラブから

2007年6月15日 (金)

[美術] 中学1年生の作品です。

1_40

 「趣味はイコンを描くことです。」今年度の初めての美術の授業で、生徒の自己紹介アンケートの一文に目がとまりました。1年B組、中森理奈さん。"イコン"というのは中世ヨーロッパで描かれたキリスト教の聖人画のことです。中学1年生がイコン?・・・信じられない気持ちで本人に確かめてみると、「お母さんと一緒に習っています。」「へえ~すごいね。今度、写真でも見せてくれる?」といったら翌週、何と実物を持ってきてくれました。その完成度がまた中学生(それも1年生)とは思えない。伝統的なロシア・イコンの図像が、古典の混合技法で精緻に模写されています。

以下、本人との一問一答。

□中学生が「イコン」を描くのは珍しいと思いますが、描き始めたきっかけは何ですか?
 (中森)お母さんがお教室で習っていて、その影響で自分も描いてみたいと思いました。
     去年の夏休み頃からです。

□どんなお教室で習っているのですか?4_17
 (中森)女性の先生のお宅で。生徒は4~5人くらいの小さなお教室です。
そこで描いた続きは家に持ち帰って、お母さんと一緒に描きます。

□描いていて難しいところ、楽しいことは?
 (中森)細い線、細かいところが難しいです。楽しいのは集中できること。気持ちが落ち着いて安らぐような感じがします。できればこれからも続けていきたいと思っています。

□キリスト教の宗教画について、なにか感じることは?
 (中森)描くのに夢中で特に考えたことはありませんでした。

□学校生活は楽しいですか?また得意な教科は何ですか?
 (中森)楽しいです。音楽が特に好きです。

今現在も、4枚目のイコンを制作中だという中森さん。ぜひこれからも続けていってもらいたい。こんなユニークな生徒が本校に在学しているなんて、素敵ですね。2_31

2007/06/15 | 教科から

2007年6月14日 (木)

みこころの月の集いが行われました。

6月の合同朝礼は「みこころの月」の集いです。みこころの月とは、神様の愛を理解し、感謝する月です。集いでは、まず青葉祭を無事に終えられたことに感謝しました。そして、家族や友人、まわりの人々とのつながりを大切にする行いがとれる人となり、さらに世界の人々がイエス様のみこころを知り、平和な世の中を作っていけるように祈りました。(写真は生徒会が作ったみこころの月の掲示物です) 2_291_38

2007/06/14 | お知らせ

2007年6月13日 (水)

[Cブロック/高3] 「進路ガイダンスⅡ」を実施しました

 本校ではCG(キャリア・ガイダンス)という、各自が進路を見つめ、「生き方」を模索する授業があります。本日はその一環として高校3年生を対象に、「進路ガイダンスⅡ」が実施されました。
  各自の適性をいかし、その夢を実現するために、生徒は「受験」を経験することになります。それは確かに厳しいものである反面、個々を鍛えあげてくれるものでもあります。推薦・AO・センター・一般他、入試が複線化しているなか、受験情報を読み解く力を持つとともに、確固たる学力をつけること、そして何より自分の「生き方」の方向性を堅固に持つことが大切です。
  今日のガイダンスでは2007年度入試を振り返り、2008年度を展望すること、そして志望校選定のための指針、および最新の入試情報が伝達されました。高校3年生の保護者の方へのガイダンスも同様に、6月16日に開催されます。
  本校の目指す「心と力の調和」を心に留めつつ、3年生が将来に向けてよく準備し、一意専心進んでくれることを期待します。

2_30 3_20 1_39

2007/06/13 | 学年から

2007年6月11日 (月)

[中学2年生]共生の授業から

中学2年生総合学習“自然との共生”では、“水”をテーマに、そのはたらきや利用法、環境とのつながりを学んでいます。

先日行った実験“濃い塩水はどこへ行く?”では、濃度の異なる2つの食塩水を一つのビーカーの中に入れ、ビーカー内で濃度の境目ができるかどうかを調べました。2つの食塩水をそれぞれ青(低い濃度)と黄色(高い濃度)で着色し、低い濃度のビーカーに高い濃度の食塩水を慎重に注いでいくと・・・綺麗なグラデーションをビーカーの中に作り出すことができました!

なぜこのような色の配置になったのか、後からビーカーに注いだ高い濃度の食塩水は一体どこに向かったのか・・・などなど、綺麗に色付く理由に生徒は皆思いを巡らせ、新たな発見の喜びを知る実験となりました!

海洋の循環や水質汚染の仕組みにもつながるこの現象を知ることで、環境問題を考えることにまで話題は及び、知識・体験から現象の筋道を組み立てて考える学びの面白さ、奥深さを教員自身も改めて知る良い機会となりました!

―――――――実験をした生徒の声―――――――ー

・ 食塩水に含まれる食塩の量によって沈む順番が決まるのは面白い!と思いました。

・ 始めは食塩同士を混ぜたとしても、水と油のようには分かれないと思っていましたが、だんだんと色が変わっていくのを見たとき、とても驚き感動しました。

07052_1 07053_1

07051_1

2007/06/11 | 教科から

2007年6月 8日 (金)

[高校・美化委員会]活動報告

去る5月29日(火)、高等学校美化委員会では、大和市のクリーンキャンペーンに参加し、おもに通学路周辺の清掃活動を行いました。委員会生徒の人数は12人と決して多くはありませんが、27日(日)に行われた学園を挙げての青葉祭(バザー)後の学校周辺の美化活動を通して、少しでも地域社会に貢献できればと思い頑張りました。今後は校内の美化活動にも力を入れ、気持ちよく学校生活が送れるような環境作りを目指していきたいと思います。1_372_283_19

      

  7_36_65_124_16

2007/06/08 | お知らせ

2007年6月 6日 (水)

バレーボールクラブです

5月中旬、中学高校合同で、函嶺白百合学園バレーボール部をお招きし、本校アリーナにて練習試合を行いました。

高校生は新年度になり何回か公式戦が行われましたが、中学生にとっては進級して最初の試合となりました。スパイク、ブロック、レシーブなど一つ一つの技術のレベルアップはもちろん、攻撃や守備のフォーメーションを確認する機会となり、多くのものを吸収することができました。

今年からクラブも中高の連携を一層図り、お互い に協力し、技量を磨きつつ競技を楽しもうという方針のもと、今後もこのような練習試合を持てればと思っています。

6月に迎えるインターハイ予選(高校)、私学大会(中学)に向けて、ますます情熱を燃やし、クラブ一丸となって頑張っていきたいと思います!

070510705307052

2007/06/06 | クラブから

2007年6月 4日 (月)

保護者のための土曜講座「陶芸入門」のお知らせ

昨年好評をいただいた上記の土曜講座を今年度も実施いたします。保護者の皆様と共に、土に親しみ、ものつくりの喜びを分かち合う機会として、どうぞお気軽にご参加ください。

今年度は7月14日、7月21日、11月10日、11月17日の全4回、「板造りの花器」「素焼きのガーデニングポット」「マグカップ」の製作をします。10月の作品展には、生徒の作品と並んでの展示も予定しています。

詳しくは配布プリントをご参考になさってください。参加ご希望の方は6月8日(金)までに、申込書を担任へご提出ください。

2007/06/04 | お知らせ