« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

【保護者の方へ】 夏季休暇中の「警報発令時」の登校について

夏季休暇中の気象情報で、「警報」が発令した場合、LT(クラブ・フォーラム)活動等での登校は以下の とおりとなります。

〔地域〕都内23区・多摩南部・神奈川東部(横浜・川崎・県央・相模原・一部湘南  各地区)

               発 令 警 報           時 点              対 応
  暴風警報、大雨警報、洪水警報、   午前7時以前   9時~13時の活動中止
  のいずれかが発令中   午前11時   1日活動中止
  上記の警報解除   午前11時   13時以降の活動を行う

〔注意〕①上記以外の地域でも、生徒の居住地が警報区域に当たっている場合は登校しない。
          ②生徒登校後、活動中に警報が発令された場合は、原則的に活動を中止し、
      状況を見はからって帰宅する。

2007/07/31 | お知らせ

2007年7月30日 (月)

[テレサ会] ボランティア活動 真っ最中!

1_2 私たちテレサ会のメンバー約45名の活動は、1年の中でも夏休み中が最も盛んです。
今年は6つの施設に延べ約15日間、分担を決めてボランティア活動を行います。
7月29日は、大和市にある老人福祉施設「みなみ風」の夏祭りの手伝いに数名が参加しました。
これは、施設の入居者・ご家族・知人の方を対象に、盆踊りや出店といった、夏の風物詩を感じていただくイベントですが、セシリアの生徒へは「ソフトドリンク販売」の役割が与えられ、水槽の中の大小様々な「氷」と格闘しながらも、少しでも冷たい飲み物を提供しようと奮闘しました。

2007/07/30 | クラブから

2007年7月26日 (木)

[高2]勉強合宿

高校二年生は、七月二十四日から勉強合宿が始まりました。大学入試の基礎力をつける五泊六日の合宿です。英語は13講座、国語と数学で12講座を開講し、講義演習、解説を重ねながら学力増強に努めています。参加は自由ですが、皆、初日の昨晩も遅くまで自習に励んでいました。まだまだ始まったばかりの勉強合宿、学力の向上はもちろん、精神力も鍛えられ、仲間とともに頑張ることを通してお互いよき刺激を得てほしいとも思います。教師もまた教える力が鍛えられる、そんな機会にしたいです。 200707251223001 200707251223000

2007/07/26 | |

2007年7月21日 (土)

[高2] 修学旅行6日目の様子

1_56 台風の影響を心配しながら始まった修学旅行も本日無事に終了することができました。
5泊6日の北九州を中心としたこの旅行を通じて、見聞を広め、集団生活を通して、周囲の人々に感謝することを学びました。最終日も前日同様にルークプラザホテルに宿泊しました。ホテルから一望できる長崎市内の夜景は素晴らしく、良い思い出になったことでしょう。今日は長崎市内を班ごとになり、自主研修をしました。昨日のキリスト教伝来の歴史や平和学習をもとに、さらに発展した課題を持って行動できたことと思います。
夏休み明けには、この旅行で学んだことを、一冊のノートにまとめて提出されますが、各自の個性や感性によって異なった修学旅行ノートとなることでしょう。 (7月20日)

2007/07/21 | 学年から

2007年7月20日 (金)

[中学2年] 林間学校 ―うちわを作りました―

昨晩は念願のキャンプファイヤーでした。大きな火を前に声を合わせて歌い、練習中からはしゃいだフォークダンスでは、心も体も思い切り飛び跳ねていました。夜空を彩る花火を眺め、皆、目を輝かせていました。
今日は和紙の里でうちわ作りです。大きなボウルに入っている和紙をそっと流し込むためには手を受け皿にしないといけません。重いボウルを片手で持てず、「誰か私のに手を置いてくれる人~?」「あ、いいよ!今そっち行くね。」助け合って上手に注ぐことが出来ました。
白い和紙をすいてうちわの土台ができたら、色付きの和紙で、絵をかきます。「黄色使いたいな。」「はい、回して。」広い作業場で道具が遠くにあっても協力して描いていきます。里の人にテクニックを教わり、どんどん思い描いた絵が仕上がっていきます。
大好きな部活、真っ赤なトマト、清々しい色使いの山の景色、印象に残った昨日の花火、アイドルのイニシャル、…思い思いの絵を完成させました。
自分のだけではなく、他の人の作品も気になります。ウロウロキョロキョロ、楽しみは尽きません。うちわは乾燥させた後、学校を通じて、ご自宅に届きます。どうぞお楽しみに。(7月20日Sn340074Sn340075 Sn340077

2007/07/20 | 学年から

[高2] 修学旅行5日目の様子 

1_55

今日は「キリスト教にゆかりの深い町長崎」「原爆被爆地として平和を世界に発信する町長崎」について学ぶ日です。
午前中、まず豊臣秀吉によるキリシタン大弾圧の跡、26聖人殉教の地を訪れました。資料館に入った生徒たちはキリシタンの悲しい歴史を目のあたりにし、深く感じるところがあったようです。
次いで原爆資料館にむかい、生々しい原爆被害の実態を見たあと、原爆中心碑に赴き、千羽鶴献納・献花・慰霊式を行い、平和の祈りをささげました。
午後は被爆者のおひとり、下平作江さんの体験談をうかがいました。生徒たちは下平さんのお話を自分のことのように真剣に受け止め、涙を流しながらお話に聞き入っていました。そして「被爆は長崎で終わりにして欲しい。そのために叡知を結集して欲しい」という下平さんの訴えに共感し、自分たちの肩にそれがかかっているのだということを強く自覚したようです。
最後に平和祈念のミサにあずかりました。今日一日、戦争のもたらす計り知れない不幸と悲しみ、そして平和のありがたさについて色々と考えた生徒たちは、心の底から真の平和を祈ったようでした。                              (7月19日)3_392_50

2007/07/20 | 学年から

[中1]林間学校報告3日目

林間学校、無事に終えることができました。今日は2クラスに分かれて、搾乳・農場見学・バター作りを雄行いました。人間の年にすると80歳のジャージー牛。生徒たちは「あったか~い」「かわいい~」と言っていました。またバター作りではみんなでビンを必死に振って、クラッカーにつけて食べ、「おいしい」、「まろやか」という声が聞かれました。3日間楽しく過ごすことができ、人や自然とのつながりを深く感じられ、これからの学校生活に活かしたいと思っています。(7月19日)

~体験Ⅲ ハイキングより 生徒たちの俳句~

・つかれたと 素直に言える うれしいな ・牧草地 あざやかな緑 目にしみる

・ハイキング と思えないほど 大変だ ・もうイヤだ 上から虫が 落ちてきた

Cimg3168_1

Cimg3182 Cimg3191 Cimg3253 Cimg3261 Cimg3278_1

2007/07/20 | 学年から

2007年7月19日 (木)

[中学2年] 林間学校 ―農村生活は楽しいです―

2_493_38昨晩は少し暑いくらいでしたが、登山の疲れでぐっすり眠りました。朝はストレッチで体をほぐし、楽しみにしていた農村生活体験に出発しました。

班に分かれて農村家庭に訪問し、その家庭の普段の生活を体験させて頂きます。

畑作業、シイタケの菌打ち、果実の収穫、牛のお世話、竹細工、浴衣の着付けを習ったり、どんな作物を育てているのかお話を聞いたり…、色々な経験をさせてもらっています。

皆、初めての体験に興味津々、でも、自分に出来るかな?と不安顔。やってみるとそんな不安はあっという間になくなりました。家庭の方が丁寧に教えて下さり、皆、上手にこなせて得意顔。農村生活を楽しんでいます。   (7月19日16時)

4_22

1_54

5_14

2007/07/19 | 学年から

[中1]林間学校報告2日目

070718_113614 今日はクラス毎に4つのコースに分かれて楽しいハイキング。道中、ぬかるんでいても、ズボンの裾がよごれても、みんなの掛け声があるから大丈夫!さまざまな草木や美しい花、緑いっぱいの自然に囲まれながらのハイキングはとっても楽しい!お昼のおにぎりに、ソフトクリームはペロリ!クラスがますます仲良くなり、良い思い出となりました。

(7月18日)

2007/07/19 | 学年から

2007年7月18日 (水)

[中2] 林間学校2日目 ―山に登りました!―

昨晩の雨は上がり、念願の山登りです。朝、ちょっと寝惚けた体を体操で起こし、目玉焼きを自分で作って楽しく朝飯をとり、準備万端にして峠まで移動しました。

さぁ、いよいよ山登りです。連日の雨の影響で登山道は小川とぬかるみに変わっていました。昨日のガイドさんの話を思い出し、滑らない歩き方を試しながら、一歩一歩踏みしめ進みます。

歩き方のコツが掴めてくると、大自然を身近に感じながら、山登りの醍醐味を味わいました。寿命で倒れた木の脇に生えている新しい命、山頂まで登った達成感、高台から見下ろす景色、全てが新鮮です。

下山では雨に降られ、変わりやすい山の天気を経験しました。用意していたレインコートを取り出し、友達と協力して素早く着て、「この石滑るよ!」等、声をかけあって、無事に下山しました。(7月18日)
   4_21 3_371_532_48

2007/07/18 | 学年から

[高2] 修学旅行4日目の様子

ホテル日航ハウステンボスを出発する時、蝉の声はしたものの、今日も涼しい朝を迎えました。平戸大橋を渡り、二時間の平戸の自主研修が始まりました。計画書と地図を持って平戸城、松浦資料博物館、平戸カトリック教会、オランダ橋などを見学し、昼食場所に戻ってきた生徒たちは、さすがに汗びっしょりになっていました。美味しい鯛茶漬けをいただき、平戸を出発しました。西海橋での休憩の際、橋の地面に貼られたガラスから うずしおを見た生徒たちは 大興奮。修学旅行の最終見学地の長崎に無事入りました。  (7月18日)5_13 6_7 7_5

2007/07/18 | 学年から

[高2] 修学旅行3日目の様子

    今朝の気温は19℃、涼しく曇り空でしたが、朝食後は雲仙地獄を散策しました。今日は島原半島体験プログラムで、イルカウォッチング、田代原自然村山村体験、雲仙岳災害記念館火山学習に別れ、体験学習をしました。
イルカウォッチングでは念願のイルカに逢え、生徒たちは大興奮でした。山村体験では、牛の餌やり、まんじゅう作り、ゆずこしょう作り、染物体験に別れ、地元の方々と触れあいながらとても楽しい時を過ごしました。火山学習ではガマダスドームで雲仙岳噴火のしくみや歴史を学び、被災地域を訪れ、保存されている被災家屋を目の当たりにし、自然の猛威に驚いていました。
そして午後からはハウステンボス自主研修。アトラクション見学にショッピング、夕食は行動班で自由に食事…。日航ハウステンボスから見た今年一番の花火はとてもきれいでした。 (7月17日)4_191_492_41

2007/07/18 | 学年から

[高2] 修学旅行2日目の様子

2_47朝からの雨も柳川に着く頃には上がり、皆でどんこ舟にゆられました。船頭さんの柳川弁による説明を聞きながら、ゆったりとした時間を過ごしました。
北原白秋の記念館では直筆原稿を目にし、その独特な文章を興味深く眺めていました。
午後から有明海をフェリーで渡りました。曇り空で景色がよく見えない中でも、生徒たちは楽しそうにしていました。
その後、島原城へ行き、授業で習った島原の乱について詳しく知ることができて、感動しているようでした。
夜には雲仙の宿へ到着し、温泉に入って旅の疲れをとりました。 (7月16日)

1_484_183_30

2007/07/18 | 学年から

[中1]林間学校報告

林間学校が始まりました。雨も上がり体験1では葉っぱでジャンケン、鹿の角を触ったり、ウサギやリス、鹿のフンを見ました。体験2では霧雨の中ナイトハイクをしました。木々の香や匂いを感じ、夜の自然界を知ることができました。動物たちには会えなかったけれど、鹿の声を聞くことができました!(7月17日) 2_46
1_52

2007/07/18 | 学年から

[中2] 林間学校 ―清々しい自然を堪能しています―

    皆、楽しみにしていた林間学校が始まりました。天候が不安定でも、心はウキウキ、体はムズムズ、移動中や歌練習等、元気いっぱいに過ごしました。そして、なんといってもおやつタイムが最高!お互いに分けあって満面の笑顔です。
自然散策では、空が晴れました。清々しい空気を胸いっぱいに吸い込み、湿原の草花や高原の景色を堪能し、爽やかな気分を味わいました。
開校式では、今一度、林間学校の目標を確認しました。大きな自然に触れること、その中でお互いを思い遣る心を育てることが目標です。
今のところ天気に恵まれていますが、油断せず、林間学校を安全に過ごせるよう、教師も気持ちを引き締めました。(7月17日)  2_451_513_364_20

2007/07/18 | 学年から

2007年7月16日 (月)

[高2] 修学旅行1日目の様子

台風4号による欠航が心配されましたが、予定通り羽田を出発し、無事に福岡に到着しました。
福岡の天気は小雨で、太宰府天満宮の見学は少し大変でしたが、生徒たちは学問の神様をお参りし、お守りを購入していました。
九州国立博物館では、メモをしながら熱心に展示品と向かい合いました。
門司では雨も上がり、行動班ごとに楽しく自主研修を行い、例年にない涼しい修学旅行の1日目を終了しました。
                                    7月15日21時 北九州のホテルにて  01_2002_15 03_16

2007/07/16 | 学年から

2007年7月12日 (木)

[Cブロック/高2・高3] 「大学ガイダンス」を実施しました

 進路学習CG(キャリア・ガイダンス)の一環として、高校2年生、3年生を対象に、7月11日、「大学ガイダンス」が実施されました。大学から入試担当の先生をお招きし、2年生は主に大学での学びの内容について、またキャンパスライフの概要についてうかがい、3年生はより具体的な授業内容・取得資格・カリキュラムの特徴や、入試方法等について教えていただく機会となりました。
 各大学からのプレゼンテーション、個別相談と二部構成・約2時間半のプログラムでしたが、個別相談では時間を延長して質問する生徒がいるなど、熱心に参加する姿が見られました。
 いうまでもなく、「大学」は目的ではなく、より深い学びにより自己を磨き、その適性を知り将来の生き方を展望する場です。狭義に「進路」をとらえるのではなく、広義に「生き方」を探求し、、あるいはそれを模索すべき場として「大学」を捉え、現在の学習に励んで欲しいと願います。 
  目の前に受験が迫った3年生、今後の学習のあり方、生き方を考え始めている2年生、それぞれにとって有意義な会であったと思います。その学習意欲が実践をとおして各自の確かな力となり、夢の実現を目指せるよう、教職員も応援したいと思います。
  参加してくださった大学の先生方、お忙しい中、長時間にわたり丁寧に説明をしてくださいまして、本当にありがとうございました。

1_47 2_39 3_29 

2007/07/12 | 学年から

2007年7月 7日 (土)

[高1]ボランティア実践 施設訪問を行いました

高校1年生はボランティア実践の一環として、大和市の成和ナーシングプラザへ訪問活動に行ってきました。こちらの施設は介護老人保健施設で、およそ100名の方が入床していらっしゃいます。今日はA・C組の訪問でした。係の方に案内していただき、施設を見学しました。そのあと、A組は施設主催の七夕の行事に参加し、施設の皆さんとゲームなどをして楽しみました。C組はシーツ交換のお手伝いをし、そのあとおやつの時間に、折り紙やお手玉、紙風船を使いながら、施設の方とのコミュニケーションをしました。核家族化が進む中、お年寄りと接する機会も減る中で、生徒にとって今回のような体験はとても貴重なものとなったようです。生徒も緊張した面持ちながら、一生懸命活動に取り組みました。13日にはB・DとC組の一部の生徒が再度訪問させていただきます。お忙しい中、貴重な機会を与えていただいている施設の方のご好意を無にしないよう、真剣に取り組み、ボランティアの精神に触れて欲しいと思います。

3_26

1_44

2_36

2007/07/07 | 学年から

2007年7月 6日 (金)

[高1]学年レクを行いました

7月5日、学年全体でレクリエーションを行いました。まずはしっぽ取り。みんな必死に鬼から逃げました。先生たちも走りました。結果、C組の圧倒的勝利。続いてドッヂボール。クラスミックスのチームです。柔らかいボールを使ったドッヂボールは、思うように飛んでいかず、何か変。でも終わったときは、みんなスッキリした顔。よく遊びました。

Cimg0321 Cimg0366 Cimg0318

2007/07/06 | 学年から

2007年7月 5日 (木)

[高3]サマーセミナー現地報告

聖セシリアでの高校生活を振り返りながら、将来をいかに生きるかを考える「サマーセミナー」が始まりました。八ケ岳の清澄な空のもと、「より善く生きる」とはどういうことなのか、またそれには何が必要なのか、膝を交えて考えています。昨日4日は、黒澤明監督の「生きる」の解説、「女性として生きる」「生きがいとは何か」を学びました。本日は担任スピーチ、生徒スピーチが行われます。自己を語り他者の思いに耳を傾け、「生きる」ことを掘り下げていきます。午後にはイグナチオ教会のガラルダ神父さまのお話をうかがう予定です。
3年生が一人も欠けることなく参加しているサマーセミナー。進路を考えている生徒たちが、さらに大きい幸せになるための「人生の針路」を模索してくれるよう望みます。

200707050908000 200707050903000

2007/07/05 | 学年から

2007年7月 2日 (月)

[アートフォーラム] 高3卒業制作完成!

取り組んだ作品はルソーの『異国風景』です。個人制作ではなく、共同制作としたのは仲の良い11人らしい選択です。できあがった作品は、個々の点がひとつの全体を浮かび上がらせ、見事な調和を表現しています。11人のチームワークで描き出した作品となりました。1つ1つの点があっての全体。社会の中でも輝く一人ひとりであってほしいと願いながら、みんなで記念写真におさまりました。 

Art3

Art2Art1_1

2007/07/02 | クラブから