« [A・Bブロック]合唱会が行われました | トップページ | 「第60回卒業式」に向けて……高校3年生は卒業準備期間に入りました。       卒業まであと5日! »

2008年2月20日 (水)

「第53回青少年読書感想文コンクール」の表彰式に参加しました

「読書」は世界を広げ、知識を増やし、考える力と柔軟な感性とを育むものです。Img_0001
本校では読書にも力を入れ、中学生にはオリジナルの「読書案内」(製本)を渡し、読書を勧めるともに、高校では毎年、神奈川県の読書感想文コンクールに参加しています。今年度も学校代表として送った感想文のうち、次の作品が入賞いたしました。
◇優秀二席  「十七歳の歴史学」
◇優  良     「『幸福論』を読んで」
◇優  良      「砂塵の社会」
いずれも高校3年生が受験の夏に書きあげたものです。感想文というと、本を読んで思ったことを書く、と考えられがちです。でも、すぐれた読書感想文はそうではなく、読書して感じたことを手がかりに、そこからの考察を根拠をもとに表現する、というものです。その意味では「読書意見文」に近いものを三名とも創りあげてくれました。読書は一生ものです。これからも大学の学びの中で、彼女たちが質の高い読書ができるよう、また後輩たちが先輩に学び、豊かな読書生活を送ってくれるよう願います。

2008/02/20 | 教科から