« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月22日 (火)

[中学テニスクラブ]公式戦が終了しました

12月13日、私学大会に参加して本年度の公式戦が全て終了しました。春の県大会では3年生が、夏の新人戦では2年生が活躍し、私学大会のダブルスには1年生6人も出場できました。
6月以降、3年生は高校生と活動しているので、今は1・2年生の32人が屋上コートを中心に練習しています。来春の県大会や新人戦に向けて、寒さに負けずに頑張っています。

Dscn1096

2009/12/22 | クラブから

2009年12月21日 (月)

クリスマス・ミサが行われました

今日はアルフレッド・バーク神父様の司式によるクリスマスミサが行われました。今回は聖書フォーラムが中心となって進行し、神父様の人柄あふれる温かいミサとなりました。事前に全校生徒で書いたクリスマスカードが捧げられ、今日の終礼で学年を越えてカードが交換されます。クリスマスの意味を全校生徒で改めて考え、一体感を確認する良い機会となりました。

P1030265 P1030287 P1030342 P1030358 P1030372 P1030381

 

2009/12/21 | お知らせ

2009年12月11日 (金)

新校舎建築工事が始まりました

  いよいよ新校舎の建築工事が本格的に始まりました。まずは、旧アイリス、美術工芸室の入っていた古い建物を取り壊す作業です。テニスコートを資材置き場として大きな作業車が出入りしていますので、近くを通行する際には気をつけてください。

     Photo_13    Photo_16  

     Photo_15

2009/12/11 | 新校舎建築進行状況

クリスマスカード作りをしました。

 待降節の奉仕活動として、今年は中学生全員が心を込めてクリスマスカードを作成しました。いつも多くの糧を与えられていることへの感謝の気持ちを込めて、一人一人が工夫した力作ばかり。
 「この絵どう?」「かわいい!」皆それぞれが納得のいくカードを作れたようです。感謝の気持ちが多くの人に伝わりますように・・・
 作られたカードは日頃お世話になっている方々や、施設の方々に贈られます。

             Photo_4    Photo_5

             Photo_6    Photo_7

             Photo_8    Photo_9

             Photo_10    Photo_11

                                Photo_12

2009/12/11 | 学年から

2009年12月 7日 (月)

土曜講座『保護者のためのクリスマス講話とミサ』

12月5日(土曜日)、カトリック百合ヶ丘教会において、保護者のためのクリスマス講話とミサが行われました。鈴木 真 神父様による楽しいお話は、笑いの中に、たくさんの知識と感動を与えてくださいました。また、2曲のクリスマスの歌を教えていただきました。神父様のギター伴奏で、保護者の皆さんは楽しそうに歌っていらっしゃいました。

Nec_0567  Nec_0576 Nec_0577 Nec_0570

2009/12/07 | お知らせ

[Aブロック]芸術鑑賞事前学習会

中学1,2年生は後日に芸術鑑賞教育として、「(財)井上バレエ団公演『くるみ割人形』」を鑑賞しますが、今日は井上バレエ団から講師をお招きし、その事前学習会がありました。バレエ動作の基礎を聖セシリアバレエレッスン生の実演を交えながら説明していただいたり、くるみ割人形についてや鑑賞上のマナーなどを話していただきました。「鑑賞する楽しみが増えました。」「今日の話しにあったことを注意して見ようと思います。」などの感想が聞かれました。

312

 

2009/12/07 | 学年から

2009年12月 5日 (土)

第3回定期テスト

第3回定期テストが行われています。日頃の学習の成果を図る場として、皆一生懸命に取り組んでいます。中学1年生~高校2年生までは12月7日まで、高校3年生は卒業試験として12月8日まで続きます。

1

2009/12/05 | お知らせ

2009年12月 3日 (木)

「高校生の詩(うた)コンテスト」において高3福岡さんの詩が受賞

1_2 

 今年7月、全国高校生フォーラム「高校生の詩(うた)コンテスト」に高校3年生 特別講座『詩を読む』の受講生9名が詩を作り、応募しました。全国172の高校から2355編の詩が寄せられました。このうち最優秀を含め8編の受賞があり、本校3年 福岡りさ さんの詩が神奈川新聞社賞をいただきました。去る10月17日にこのコンテストを主催する関東学院大学で授賞式がありました。

            花と銃           高等学校3年   福岡 りさ
                                       
       青い空があって                                              
       きみがにっこり笑うとき                                        
        小さな小さな花がさく               
                                                            
       暗い暗い産道から                                                    
       おぎゃあと赤ちゃん生まれたとき       
        また一輪 花がさく                                       
                                                                   
       一番星が光るとき                                       
       おひさま今日も昇るとき               
        ピン ポン ペン                                                   
           小さな花がどんどんさくよ      
                                                                     
       けれど銃声きこえたら                                             
        小さな花は 枯れてしまう          
                                           
       命が消えるその音は                  
       どうしても心に辛すぎるから          
                                           
       さあ花をさかせよう                  
        一輪一輪小さな花を                
                                           
       愛の歓声で                           
         世界がふるえるくらいに          
                                           
       容赦のない弾丸も                     
       憎しみのまなざしも                  
       残酷な策略も                        
                                           
       きっと 全てを土に還すから          
                                           
       小さな花をさかせよう                
        きみの心に 僕の心に               

評  三木 卓 氏 (詩人・小説家・童話作家  審査委員会委員)
  今、日本中のあちこちで美しい花が咲いています。花を愛する人が多いからです。花はつくるのに面倒がかかるから、みごとに咲いていると、つくった人の努力にぼくたちは讃辞を送ります。
  しかし破壊大好きの戦争がはじまったら大変だ。花どころか人間同士が相手をこわしあう。花を愛する、育ってくるものを愛する心などどこかへふっとんでしまう。そんなことをする人間など見たくない。そういう気持ちに共感。

2009/12/03 | 教科から