« テレサ館建設に向けて | トップページ | 第3回定期テスト »

2009年12月 3日 (木)

「高校生の詩(うた)コンテスト」において高3福岡さんの詩が受賞

1_2 

 今年7月、全国高校生フォーラム「高校生の詩(うた)コンテスト」に高校3年生 特別講座『詩を読む』の受講生9名が詩を作り、応募しました。全国172の高校から2355編の詩が寄せられました。このうち最優秀を含め8編の受賞があり、本校3年 福岡りさ さんの詩が神奈川新聞社賞をいただきました。去る10月17日にこのコンテストを主催する関東学院大学で授賞式がありました。

            花と銃           高等学校3年   福岡 りさ
                                       
       青い空があって                                              
       きみがにっこり笑うとき                                        
        小さな小さな花がさく               
                                                            
       暗い暗い産道から                                                    
       おぎゃあと赤ちゃん生まれたとき       
        また一輪 花がさく                                       
                                                                   
       一番星が光るとき                                       
       おひさま今日も昇るとき               
        ピン ポン ペン                                                   
           小さな花がどんどんさくよ      
                                                                     
       けれど銃声きこえたら                                             
        小さな花は 枯れてしまう          
                                           
       命が消えるその音は                  
       どうしても心に辛すぎるから          
                                           
       さあ花をさかせよう                  
        一輪一輪小さな花を                
                                           
       愛の歓声で                           
         世界がふるえるくらいに          
                                           
       容赦のない弾丸も                     
       憎しみのまなざしも                  
       残酷な策略も                        
                                           
       きっと 全てを土に還すから          
                                           
       小さな花をさかせよう                
        きみの心に 僕の心に               

評  三木 卓 氏 (詩人・小説家・童話作家  審査委員会委員)
  今、日本中のあちこちで美しい花が咲いています。花を愛する人が多いからです。花はつくるのに面倒がかかるから、みごとに咲いていると、つくった人の努力にぼくたちは讃辞を送ります。
  しかし破壊大好きの戦争がはじまったら大変だ。花どころか人間同士が相手をこわしあう。花を愛する、育ってくるものを愛する心などどこかへふっとんでしまう。そんなことをする人間など見たくない。そういう気持ちに共感。

2009/12/03 | 教科から