« 【中学生徒総会】 | トップページ | 高校学級委員会企画 【あいさつ運動】 スタート! »

2013年1月28日 (月)

【授業通信】高1歴史 中世社会経済史

Img_1590 Img_1591
Img_1585 Img_1588

高校1年生の歴史では、現在日本史の中世社会経済史を扱っています。教科書では鎌倉時代・室町時代にページが分かれているのですが、中世の政治史が一通り学習できたところで、社会経済史に関連する内容をまとめて学習しています。それは鎌倉・室町時代では同じテーマで関連づけて理解した方がよい内容が出てくるためです。
例えば金融業者は、鎌倉時代には「借上(かしあげ)」、室町時代には「土倉・酒屋」といった異なる名称が出てきます。また定期市は鎌倉時代には月に3回開かれる「三斎市」が多かったのですが、室町時代には「六斎市」へと回数の増加がみられるようになります。
こうした用語を時代背景を踏まえ、比較しながら理解してもらおうというのが本時のねらいです。

2013/01/28 | 教科から