« 後期スタート! | トップページ | 卒業生の皆さんへ 「聖セシリア祭」と「松和会同窓会(総会)」のお知らせ »

2013年10月 8日 (火)

2013年度後期開始にあたって

 今年の夏はテニスコート脇に卒業記念樹として植えられた 百日紅の花の緋色が例年より濃く感じられるような暑さでし た。関東では観測史上3番目に暑い夏だったとか。猛暑の なかで行われた夏期行事が無事終了し帰校する度に「ほっ」 といたしました。むせかえるような暑さのなか多くの生徒は
 宿題に追われながらもクラブ活動や講習に、高校3年生は受験勉強にそれぞれ充実した夏休みを過ごしたようです。
 今年度から新たな夏期行事として『マルタ&ローマ海外研修』が始まりました。
現地滞在中は英語を中心としたコミュニケーション力や、異国での生活習慣や価値観への対応に苦しんだ生徒も多かったようで、予想していた以上にハードルの高い研修となりました。帰国後に提出されたレポートを読んでみても、参加したほとんどの生徒が異文化や異なる生活習慣、思いどおりにならない会話と格闘した様子が分かります。レポートを読みながら、私自身も学生時代に短期留学をした際に同じ経験をしたことを思い出しました。思うように話せないことや、生活習慣の違いから生まれる苛立ちを自分に向けて、必要以上に「ダメだ」と卑下したり、友人(外国人)がおかしいのだと反発したりしました。それでも苦労して言葉が通じた時の喜びや、おかしいと思っていた友人の行動が彼等の国ではスタンダードなのだと分かった時の驚きはいまだに良く憶えています。今回参加したほとんどの生徒がレポートの最後を、「貴重な体験ができた」「再チャレンジしたい」「日本でいかに恵まれた環境にいるかを知ったことは大きな収穫」と結んでいました。その言葉に楽しいばかりではなかった海外研修を通して、生徒達が一段と逞しくステップアップしたように感じております。今年度の反省をもとに、来年度は更に充実したマルタ&ローマ研修を計画していきたいと思っております。

 さて本日より2013年度後期が始まります。それに先だって担任の先生から前期成績の通知表が渡されます。誰しも評価が気になることでしょうが、成績を見て終わりではなく、後期に何をすべきか。前期評価を次につながる学習計画の手がかりとして下さい。
 また10月には生徒の皆さんの強い希望で『聖セシリア祭』が開かれます。
高校2年生を中心に4月から準備を進めて参りました。テーマは公募で選ばれた
「虹-青から一歩踏み出して」です。聖セシリアのスクールカラーである「青」のうえに生徒の皆さんがどんな虹をかけるのか楽しみにしています。保護者の皆様にも是非ご家族おそろいで、またお知り合いの方もお誘いいただきご来校いただければ幸いでございます。

 最後に夏期休暇前にお知らせいたしました中学校舎・アリーナ棟の改修工事は無事に終了いたしました。今後も長期休暇中を利用して教育施設の改善を進めていく予定ですので、保護者の皆様にはご支援の程よろしくお願い申しあげます。
                                                  2013年10月8日
                                                     聖セシリア女子中学校高等学校                                                                                      校長 青 柳   勝

2013/10/08 | 校長より