« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月27日 (金)

高校3年生 卒業に向けて・・・・・・卒業まであと3日!

Dsc08252

学校に来るのもあと二日、今日は卒業式の予行練習が行われました。
卒業ムードも徐々に高まり、練習も佳境に入って参りました。
 予行練習の後、これも毎年のことながら、在校生とのお別れ会が開かれました。生徒会役員の進行のもと、在校生から記念品及び心のこもった歌のプレゼント「遙か」が、卒業生からは「3月9日」が歌われました。クラブや行事や委員会など、様々な場面で学年を超えて協力し合った後輩たちと過ごす時間もあとわずか、それぞれの思い出を胸に秘めながら、大変温かい送別の時間となりました。

 卒業に向けてのカウントダウンのブログも今日が最後です。
 卒業前の最後の週末、健康に気をつけて、元気に3月2日を迎えたいと思います。

Dsc08306 Dsc08285_2

2015/02/27 | 学年から

2015年2月26日 (木)

卒業記念植樹

卒業式まであと4日になりました。
本日昼休みには本校にて卒業記念の植樹が行われました。
あいにくの空模様ではありましたが、この樹の成長と共にこれからの自分の未来を重ね
「成人式の時にはどのくらい大きくなっているだろうか」「大学を卒業するときもまた見に来たいね」などと生徒同士話していました。全教職員による植樹が終わり、職員室では父母会の方々からお世話になった教職員の方々へ卒業記念品が贈呈されました。
高校生活も残り少なくなりましたが、思い出に残る卒業式にしようと、卒業式の予行も頑張っています。

Img_0570 Img_0572
Img_0590_2 Img_0597

2015/02/26 | 学年から

2015年2月25日 (水)

高校3年生 卒業に向けて・・・・・・卒業まであと5日!

Dsc08145_3
Dsc08129_2
今日は卒業式の第一回目の学年練習と松和会(本校の同窓会の名称です)入会式、大掃除が行われました。

  卒業式練習に先立ち、卒業認定及び個人賞の発表がなされました。式の流れが説明された後、簡単に練習をいたしましたが、いよいよ「卒業」が臨場感をもって意識されるものになってきたようです。

Dsc08169Dsc08179

松和会の入会式では会長のお話、会員の佐々木さんのお話と今年度の松和会代表の紹介が行われました。松和会からは毎年、卒業生にプレゼントが贈られますが、今年は、今年度生が創立85周年の発表会で披露した学年合唱の写真をいただきました。そのあと、大掃除です。六年間の感謝を込めて、お世話になった校舎・松林の清掃をさせていただきました。明日は、卒業の記念植樹をいたします。

2015/02/25 | 学年から

2015年2月24日 (火)

高校3年生 卒業に向けて・・・・・・卒業まであと6日!

  いよいよ卒業前最後の一週間が始まっています。授業も今日の午前中までで、明日から「卒業準備期間」のプログラムが始められます。
 今日は体育、社会、現代文の授業が行われました。体育ではリレーやボール競技、社会はDVD鑑賞、現代文はノーベル文学賞の川端康成の短編を味わいました。受験真っ盛りな中、入試を終えた生徒は徐々に教室に戻ってきて、授業を受けながら試験結果を待つ者も少なからずおります。一喜一憂する日々が続きますが、国公立大学はまさに今が本番。精一杯力を出してくれることを望みます。

Img_0947_4 Img_0942_2

ふと気がつけば春の便りが学園にちらほらと……松林のふきのとうと梅花です。
春が近づくにつれ、雨天も増えますが、卒業式の日が晴れてくれるようお祈りします。

Img_0941 Img_0939

 

2015/02/24 | 学年から

高校3年生 特別講話Ⅳ 錬成会「友情について」

Dsc08089

高校3年生・卒業に向けての特別講話の最後は、例年どおり、上智大学・イグナチオ教会のハビエル・ガラルダ神父様による「錬成会」という形で行われました。

 昨年6月に「生きる」ことをテーマに、講話やディスカッション、スピーチ等によって思索を深める「サマーセミナー」が行われました。サマーセミナーでは、ガラルダ神父様にも「明るい真剣さで生きる」という題でお話をいただき、「生きがい」や「友情」について真剣に考えました。

 今回の錬成会は、それから半年を経て、受験を体験し、高校生活をまもなく終えて次の舞台へと歩を進める生徒の心に届く内容でした。

  「友情」はあらゆる人間関係の基本であり、仲の良い友だちとは、友情の特徴をよく踏まえている関係であるというお話から講話が始まりました。友だちになるのは簡単で、友だちでいるのは難しいこと、友情はつかず離れずのさっぱりした人間関係を基盤にすること、自己中心的ではなく、相手を利用しないことの大切さ、また謙虚な気持ちから生まれる忍耐の心の必要性など、いつものように、分かりやすい表現でお話くださいました。特に、印象に残ったのは「つかず離れず」の「離れず」ということにおいて、卒業後に空間的にお互い離れることはあっても、心は「離れず」というお話と、人間関係を構築する上で訪れるであろう「けんか」「仲直り」のお話です。

 けんかをしてしまったときに、とかく人は自分の正当性と他者の欠点に眼がいきがちになります。しかし、時間をかけて仲直りを望み、相手の言ったことではなく言いたかったこと、相手が感情的になって言い過ぎたや、逆に相手が言わなかったことからその真意をよく「聴こうとする」ことが大切であるということを教えてくださいました。自分の意見を絶対的な真理にしないこと、相手に協力的に接して真ん中にある本当の「真理」を模索することの必要性も語ってくださいました。

Dsc08094

 いつものことながら、ガラルダ神父様のお話は、心に自然に溶け込むようにうかがうことができます。3年生はサマーセミナーのパンフレットにたくさんのメモを残し、話をうかがっておりましたが、それは心が豊かに耕されていることにほかならないことだと感じました。

 神秘様のお話のあと、高校3年生から感謝の心を込めて、金色の「懐中時計」がプレゼントされました。毎年お世話になっているガラルダ神父様は、今回もまた、数年前の卒業生からプレゼントされたネクタイでいらしてくださいました。3年生が贈った懐中時計もさまざまな場での「講演」「講話」の時に使っていただけるとありがたいです。

  3月2日の卒業式のミサも司式もガラルダ神父様にしていただけるとのことで、卒業生、在校生、教職員、保護者の皆様とともにミサにあずかれますことを楽しみにしております。

 錬成会の終了後、神父様の「金祝のお祝い」が学園本部で行われました。永きにわたり学園の諸行事を支えてくださった神父様に感謝し、これからのますますのご活躍とご健康とをお祈りするとともに、引き続いてご指導いただけますようお願い申しあげます。

2015/02/24 | 学年から

[中学]合唱会

本日、本校アリーナにて中学合唱会が開催されました。
どのクラスも笑顔で歌いきり、練習の成果が存分に発揮できたのではないでしょうか。
発表が終わると、緊張からの重圧から解放されたのか、健闘をたたえ合うように
クラスメイト同士でハイタッチを交わしていたのが印象的です。
どのクラスも一生懸命頑張りました。
本日御来校して下さった、たくさんの保護者の方には改めてお礼申し上げます。

Cimg4387_2 Cimg4412
Cimg4428 Cimg4479
Cimg4504 Cimg4566

2015/02/24 | 学年から

2015年2月23日 (月)

[中学]合唱会

明日はいよいよ合唱会が開催されます。
ともに歌う喜びを知り、音楽を楽しむ機会として、練習を積み重ねてきました。
朝練習、昼休み練習、放課後練習と各クラスは時間をうまく使い、
明日の本番に臨みます。
楽譜を手に持った生徒をあちこちで見かけ、
教室からはすばらしい歌声が聞こえてきます。
明日は保護者の方にも日頃の練習の成果をご覧いただければ幸いです。

日時;2月24日(火)14時15分より(15時50分終了予定)

場所;アリーナ(上履き・名札をご用意下さい)

演奏順;(抽選により決定しました) [各クラス7分程度]
① 1C「花は咲く」   ② 1D「手紙~拝啓一五の君へ~」 ③ 1B「モルダウ」
④ 1A「COSMOS」  ⑤ 2D「大切なもの」          ⑥ 2B「明日へ」
⑦ 2C「HEIWAの鐘」 ⑧ 2A「明日へ」          
⑨ 3C「Don't Stop Believin'」  ⑩ 3D「HIGH SCHOOL MUSICAL」
⑪ 3B「I will follow him("Chariot")」  ⑫ 3A「TOP OF THE WORLD」

たくさんのご来場を心よりお待ちしております。

Cimg4231 Cimg4242
Cimg4236 Cimg4235

2015/02/23 | 学年から

フルート教室 発表会

フルート教室受講生による発表会がありました

次年度も開講いたします。

保護者の皆様の参加を、お待ちしています。

楽器に触ったことの無い、初心者大歓迎です。

___3 ___2

___1 ___4

2015/02/23 | お知らせ

2015年2月21日 (土)

高校3年生 卒業に向けて・・・・・・卒業まであと9日

  卒業まであと9日、今日も受験の人はそれぞれの大学で頑張っていることと思います。朝夕少しだけ春の訪れを感じさせる頃となりましたが、ゆめゆめ油断はできません。よい緊張感を持続させて「自分の受験」を全うしましょう。

 今日は土曜日、部活動のあるクラブでは3年生の姿も見られました。受験が終わり、自分のためにも、またお世話になったクラブへの恩返しの意味も込めて、後輩指導にあたってくれています。人のために何かすることは、結局は自分の成長にもつながります。自分一人のためだけに時間を使うのではなく、他者のことに思いをはせて時間を使い、今自分ができることを為すことは、大変価値の高いことですし、社会に出ても必要なことです。必要最低限のことですませるのではなく、義務で行うのでもなく、自分の喜びとして他者に尽くそうとする生徒が最後までクラブに参加するのも、本校の伝統の一つであると思います。

 運動部の3年生はくれぐれもアップを十分行って、けがをしないように、そして楽しく活動してください。

Img_0931 Img_0932 Img_0937 Img_0936

2015/02/21 | 学年から

お父さんのためのお料理教室

 第一回お父さんのためのお料理教室が、221日土曜日10時より本校調理室で行われました。本日のお献立は「煮込みうどん」、学習テーマは「和風だしの取り方を知る」です。昆布とかつお節で混合だしを取った本格的なめんつゆでいただきました。身支度もおぼつかない、お料理することも、セシリアの調理室で実習することも初めてのお父さんたちでしたが、説明をしっかり聞き、グループで協力し合いながら楽しく実習することができました。試食時の第一声の「旨い!」の言葉に、大喜びの家庭科教員チーム。第二回も是非!とのお声もいただきうれしい限りです。記念撮影後には、頑張った自分に、そして新たな出会いに大拍手で締めくくることができました。本日はお忙しい中、たくさんのご参加ありがとうございました。またご一緒に実習出来ることを楽しみにしております。

Dscf7714_2 Dscf7722
Dscf7726 Dscf7727_2
Dscf7728 Dscf7729
Dscf7730 Dscf7736

2015/02/21 | 教科から

2015年2月20日 (金)

[中3]キャリアプログラム~高校三年生からのメッセージ~

本日の中学校三年生のキャリアプログラムは、卒業を間近に控えた高校三年生
を2名お招きして、4月から高校生になる、中学三年生に対して、高校生活を充実させるためには、何が大事かを実体験に基づき話してもらい、身近な先輩の足跡をたどりながら、これから迎える高校生活について考えてもらいました。
質疑応答では、勉強へのモチベーションへの取り組み方や部活と勉強の両立の仕方など
、同じ悩みをもったであろう、経験したであろう先輩だからこそ聞ける質問が積極的に出ました。講演中は必死にメモを取る様子が見られ、講演が終わった後には、自分もそうでありたいという意欲が喚起され、先輩を囲み、ノートの取り方や、まだまだ質問しようという生徒で溢れていました。

Cimg4300 Cimg4305_2
Cimg4311 Cimg4319

2015/02/20 | 学年から

高校3年生 卒業に向けて ・・・・・・ 卒業まであと10日!

  高校3年生の卒業まで今日であと10日となりました。
今が受験のピークの時期で、あと数日間、頑張りぬくことが大切になってきます。最後まで健康に気をつけて、全力を出し切ってくれることをみんなで祈り、応援しています! 受験の合間に学校に来てアイリス学習センターの自習室で勉強するメンバーも少なからずおります。職員室に質問に来たり、最終的な進路相談をしたり、とにかく今できることについて、しっかり丁寧に積み重ねていってほしいものです。

 受験が終了した3年生は授業に戻っています。午前はこの時期だからこそ出来る教養を深める授業や各種実習に取り組み、午後は卒業対策委員、文集委員、環境整備委員に分かれてそれぞれ準備を進めています。先日は卒業対策委員から謝恩会の招待状がひとりひとりの先生方に届けられました。文集委員は早くも記事の取りまとめが終わり最終校正に入っているようです。環境整備委員は毎日のように清掃をしてくれたり、さまざまな備品を作成したりしております。

 6年間過ごした聖セシリアでの日々もあと少し。
 この先の糧となるよう、毎日を大切に過ごしたいと思います。

Img_0917 Img_0919 Img_0921 Img_0922 Img_0924 Img_0926 Img_0925 Img_0928

2015/02/20 | 学年から

2015年2月18日 (水)

ギター・マンドリンクラブ 同窓会で演奏を行いました。

Dsc07651_6Photo
2月14日、平成3年度卒業生の同窓会がカフェテリアで盛大に行われました。
その集いの最後に、参加者の方全員で校歌が歌われました。

ギター・マンドリンクラブは、伴奏をさせていただきました。

演奏に参加した生徒は中学1年生7名、中学2年生4名です。
楽器を初めて10か月余りの部員が大半でしたが、この日のために練習をひたすら重ね、卒業生の方と気持ちを一つに校歌を演奏し、演奏後には大きな拍手をいただくことができました。

これからも演奏を通じて、学校内外の方々の力になれるよう、コツコツと練習をしていきたいと思います。

2015/02/18 | クラブから

2015年2月17日 (火)

高校3年生 環境整備係 活動報告

Cimg4199Cimg4225

高校3年生の進路決定者は、卒業までのこの期間、これまで過ごしてきた学校への感謝の気持ちを示すべく、様々な活動をしています。
清掃活動では、普段はなかなか手の回らない、側溝や自転車置き場の裏、松林の中などを重点的に行っています。
後輩や学校を訪れる方に気持ちよく過ごして貰えるよう、できることを地道に続けていきたいと思っています。

Cimg4228Dsc07647

2015/02/17 | 学年から

高校3年生 特別講話Ⅲ「外交とODA ミャンマーを例として」

Dsc07836

高校3年生・卒業に向けての特別講話の三回目は、外務省国際協力局政策課より川村真紀さんをお招きして行われました。外務省の方に講話をしていただくのは本校初となります。今回は「外交とODA ミャンマーを例として」という講演テーマにて60分のお話をしていただきました。
 始めに仏教国であり、豊富な天然資源に恵まれ、2012年頃から急速に民主化への道を歩み始めているミャンマーについての紹介がありました。ミャンマーは親日国で、2014年に日ミャンマー外交樹立六十周年を迎えました。日本のODAとしては戦後賠償第一号案件としてバルーチャン水力発電所の設立に携わり、以降、さまざまな支援を行っていますが、成長著しい一面、市民生活において格差が激しかったり、さまざまな事情から政権の安定が難しかったりと課題もあるようです。しかし、日本のODAによるインフラ整備、農業・医療技術提供等については、大変好意的に受け止めていただけているようです。
 また、先月に閣議決定された「開発協力大綱」の背景にある項目や大綱の特徴についての説明もしていただきました。平和国家として国際社会の平和・安定・繁栄に積極的に関わり、民間セクターとも連携しながら、包摂的で公正な開発が叶えられるような内容が、大綱には盛り込まれているそうです。

Dsc07859Dsc07879

  川村さんは宮城県のご出身で高校時代は剣道の練習に励まれ、大学進学についてもさまざまな方からのアドバイスをもとに希望校をお決めになったとのことです。将来の仕事を考えるうえで、実務に携わる方々の助言をもとに外交官を目指して努力されたことなど、高校3年生にとって大変に参考になるお話もしていただきました。外務省入省後はタイに赴任され、語学を磨き、さまざまな外交の仕事をなさいました。「日タイ受刑者移送条約締結」や「日メコン古都シンポジウム」に関わり、「日タイ友好120周年記念文化事業」のマネージメントから皇室や外相の通訳としての役割も果たされ、昨年7月より現職に就かれていらっしゃるとのことでした。
 外務省の広報活動のために、このような「出張講座」の立ち上げにも尽力されたとのことです。朝早くからの講演、本当にありがとうございました。
 川村真紀さんの今後ますますのご活躍をお祈りします。
 また、準備の段階からいろいろ調整・手配をしてくださった国際協力局政策課の榎本絵里子さんにもお礼を申しあげます。ありがとうございました。

2015/02/17 | 学年から

2015年2月14日 (土)

フルートコンサート

立春とは名ばかりの寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

「フルート教室」の講師をしております、宮原未羽と申します。このたび、この講座で一年間レッスンに励んできた生徒のみなさんの発表会を開催いたします。一年間の成果を発表できるよう、練習を重ねてきました。土曜の午後、すてきなフルートの音色をお届けできればと思います。ぜひ聴きにいらしてください。

日時→2015年2月21日(土) 開演13:30(開場13:15)

場所→テレサホール

「フルート教室」は来年度も開講予定です。興味のある方はぜひお申し込みください!

2015/02/14 | お知らせ

【Bブロック スキーを終えて】

途中から雪が舞い始め、万座らしい天候となった最終日、中学3年生は午前の講習後すぐ
に閉校式となるため、集合場所で「今日は2時間しか滑る時間がないから早く集まって」と
いう声が聞こえ、スキーがとても楽しくなってきた様子が伝わってきました。最後の滑走を
楽しみ、スキー板をはずすときは少し寂しげな雰囲気が漂ていました。
高校1年生は検定試験の日となり、必ず合格したいという意欲と、検定に向けての緊張と、
山頂の寒さと・・・さまざまな思いが入り混じった表情で臨みました。2日間教わった技術を
すべてだしつくした滑りで、参加者全員が検定に合格しました。
3日間天候に恵まれたBブロックのスキー体験は、多くの生徒にとってとても楽しい思い出
のひとつになったことと思います。

<高校1年>
Dscf9091 Dscf9095
Dscf9100 Dscf9102

<中学3年>
Img_0549 Img_0550
Img_0552_2 Img_0553

2015/02/14 | 学年から

2015年2月13日 (金)

中学二年生 スピーチ

最近の新聞記事より、各自の興味関心に従って意見をまとめ、クラス内でスピーチを行いました。

国際問題から身近で起こった出来事まで、その内容は幅広いものでした。

これを機会に新聞に触れる時間を多くもち、世の中のことに目を向けていってほしいです。

Dscf7667 Dscf7666 Dscf7664

2015/02/13 | 学年から

【Bブロック スキー】

Bブロックスキー教室は、予定通り

中3は、16時35分
高1は、17時20分

に、上野駅で解散しました。

2015/02/13 | 学年から

2015年2月12日 (木)

【Bブロック スキー (2日目)】

昨晩は、疲労回復や美肌効果があるという成分の濃い硫黄泉でくつろぎ、夜は疲れから早々と眠りにつきました。そして、2日目の今日、午前中は再び好天に恵まれ、昨日と同じインストラクターの方のもと、少し慣れを感じさせる表情で講習が始まりました。経験者はすぐにリフトに乗り、プルークボーゲンを教わりながら緩やかなゲレンデを下りました。午後には多くの生徒が林間コースなども滑れるようになり、スキーの楽しみを随分味わえるようになってきました。中学3年生は、この後ゲレンデにてレクリエーション、高校1年生は、明日いよいよ検定試験を迎えます。

<高校1年>
Dscf9035 Dscf9036_5
Dscf9039 Dscf9045
 
Dscf9047 Dscf9049Dscf9052 Dscf9054

<中学3年>
Img_0533 Img_0537
Img_0539 Img_0541_2
Img_0543 Img_0544
Img_0546 Img_0548

2015/02/12 | 学年から

2015年2月11日 (水)

【Bブロック スキー (1日目)】

本日からBブロックのスキー教室が始まりました。最近のニュースでは、大寒波のことが報じられていましたが、今日の万座高原の天気はまれにみる快晴で、この上ないスキー日和となりました。
ここ万座は、上信越の雪化粧の山々に囲まれて、数あるスキー場の中でも屈指の景観を誇るところです。美しい景色と最高の雪質のなかでいよいよ講習が始まりました。スキーが初めての人も、すでに経験したことがある人も、どのグループからもワクワクしている様子が伝わってきます。
明日も予報では晴れとなっており、今日に引き続き楽しく講習に臨めそうです。

<高校1年>
Dscf9015_2  Dscf9016
Dscf9019  Dscf9028_2
Dscf9020  Dscf9023
Dscf9029_2 


<中学3年>
Img_0525_2 Img_0526
Img_0527 Img_0528
Img_0529 Img_0530
Img_0531

2015/02/11 | 学年から

【Bブロック スキー】

高1・中3は、予定通り万座温泉スキー場に無事到着しました。

2015/02/11 | 学年から

2015年2月 9日 (月)

高校3年生 特別講話Ⅱ「セシリアを卒業するみなさんへ」

Img_0493_2_2Img_0488

高校3年生・卒業に向けての特別講話の二回目となりました。今回の講師は帯広畜産大学で教鞭をとられている、本校卒業生の岡崎まゆみさんです。
  岡崎さんは2003年度に卒業され、明治大学法学部に入学、大学院に進み、韓国に留学、帰朝後、明治大学助手を経て現職についていらっしゃいます。

 ご自分の高校時代の話から始まり、明治大学時代、特に大学院生になってから「本当の勉強」に気づいて、自分の専門分野を徹底して勉強されたことを話してくださいました。岡崎さんが研究者を目指す大きな契機となったことが二つあったそうで、一つは高校2年生で学習したたったひとつの法律が今も依然として生きているという事に感動したこと、もう一つは大学院にて徹底的に勉強に向かったことや「恩師」との出会いであったとのことです。辛いけれど好きだから楽しい「学」に目覚めたこと、50年度、100年後のための仕事が出来る研究職 の魅力について、熱く語ってくださいました。
 ご自身の留学体験を踏まえ、「留学」の魅力についても触れられていたため、大学在学中に留学を希望するに生徒には大変興味深くお話を伺うことができました。

 折しも大学受験のまっただ中、岡崎さんの講話を聞くことが出来なかった3年生もおりましたが、大変充実した時間を持つことができました。

  岡崎さんは研究者として何度も訪韓して調査・研究を深めるとともに、地方自治体の様々な催しやサイエンスカフェへの参加、市民講座の開催など多岐にわたってご活躍で多忙な日々を過ごしていらっしゃいます。高校時代は勉強はもとより、行事やクラブでも学校生活を謳歌され、友人も大変多い、活発な生徒でした。

 今日は朝早くから、本当にありがとうございました。
 岡崎さんの、今後ますますのご活躍をお祈りします。

Img_0508_2

2015/02/09 | 学年から

ブルークラヴェリーナ ウインドオーケストラ 

“Blue Clavellina Wind Orchestra” は聖セシリア吹奏楽部のOGによって結成された楽団です。

昨年に引き続き、春の定期コンサートのために今年も集まった。

メンバーは仕事の都合などで、本番当日まで全員集合することはできないが、3月29日のステージに合わせて練習を再開した。

ほとんどのメンバーが楽器から何年も離れている状態だが、6年間一緒に演奏してきた音楽感覚は一瞬でメンバーを一つに結びつける。さらに社会で鍛えられている経験によって、現役部員よりもひと味もふた味も深い演奏が初回の練習から漂っていた。

B1

B2

★演奏会情報★

吹奏楽部定期演奏会 【スプリングコンサート2015】

 日時 : 3月29日(日) 14:30開演 (14:00開場)

 場所 : 本校アリーナ 

 出演 : 聖セシリア女子吹奏楽部

       ブルークラヴェリーナ ウィンドオーケストラ

Color_ver

2015/02/09 | クラブから

2015年2月 5日 (木)

創立者記念のつどい

入試も無事に全日程が終了し、本日から授業が再開しました。
本日は合同朝礼ミサが行われ、本校創立者の記念のつどいとなりました。
本校は85周年を迎え、創立者である伊東静江先生の「神を識り、人を愛する」というカトリックの教えのもとに、自分の意思をもって行動できる自立した女子教育を目指していました。
ミサでは、伊東公子学園長先生のご挨拶を頂き、改めて本学の精神について学ぶ機会となりました。

Cimg4166 Cimg4167
Cimg4176 Cimg4185

2015/02/05 | お知らせ

2015年2月 4日 (水)

2月5日の連絡

中学入試は無事終了いたしました。
入試のお手伝いをして頂いた生徒の皆さんありがとうございました。

明日(2/5)は通常どおりです。以下に留意してください。
 ①「創立者追悼の集い」がありますので、8:10までに登校してください。
 ②帰宅時に雪の予報が出ています。雨具を忘れずに。

2015/02/04 | お知らせ