« バスケットボール部: 大会に向けて猛練習中! | トップページ | [土曜講座] 医歯薬看護概論 [理科] »

2015年5月 9日 (土)

高校3年生:現代文B「グループ学習」展開中

高校3年生の現代文は「グループ」による「演習的学習」を毎回行っています。現在は名作として知られる梶井基次郎の小説「檸檬」と格闘中です。基本的には教師の説明は最小限にとどめ、すべて生徒が考え、授業ではそれを分かち合いながら読解を深めていきます。読解が「感想」や「思い込み」に流れた時にも、多少教師が手助けしますが、学習者自身が相互に意見をぶつけあいつつ修正していきます。
 この方法は、去年の高3から試みています。国語の学習というと、教材を読んで、語句の意味や漢字の学習をして、そのあとは教師の説明をよく聞く、という流れが多いと思いますが、それでは思考力を伸ばすのは難しいと感じます。教わったことを覚えることは悪いことではありませんが、それを単純にコピー・ペーストして試験に臨むだけだと既習の文章については得点できても初見の文章に弱くなりがちです。自分から疑問点や要点を捕まえたり、そこを説明したり言い換えたり出来る力を養うことが「思考力・表現力育成」に寄与するものと考えます。
 当然のことながら、休み時間や選択授業の空き時間、土曜講座の空き時間等を利用して「質問」「議論」をグループで行う姿があちらこちらで見られます。このような主体的な学習姿勢は受験だけでなく、大学での学習、社会人になってからの学びに大いに役立つものと期待しております。
  時間のかかる学習方法です。しかし、その分、必ず力もつくはずです。
 高校3年生の皆さん、ともに頑張って、国語力を伸ばしていきましょう。

Img_0990 Img_0991 Img_0992 Img_0993 Img_0994 Img_0995

2015/05/09 | 教科から