« 卒業生による茶道勉強会が行われました | トップページ | 科学実験・プレゼンテーション講座 活動報告② »

2016年1月31日 (日)

科学実験・プレゼンテーション講座 活動報告①

[テーマ:海の地震の研究を知ろう]

場 所:東京大学地震研究所
講 師:篠原 雅尚先生

   (東京大学地震研究所 副所長 、観測開発基盤センター教授)

Dsc05151Dsc05103

2015年末、東京大学地震研究所へ伺い、ラボツアー(施設見学)・講義・テーマ学習(グループワーク)を行いました。

講師は、Science Zeroなどの科学番組にも出演されている篠原教授です。

ラボツアーでは、地面の揺れをいかに記録するか、その開発の歴史と仕組みを知る「地震計博物館」、実際に研究所の地下に入り、支柱にゴムが取り付けられている「免震構造」実際の観測のため、海域へ投入間近の「海底地震計(OBS)」、海域で発生した地震をいち早く観測する為の「海底地震ケーブル」人の歩く震動をも瞬時に感知する「MeSO-Net観測」の見学・体験を行いました。

Dsc05115_2Dsc05125Dsc05142Dsc05137
参加者の生徒は皆、興味津々に教授の話に聞き入り、体験できるものに積極的に触れていました。

Dsc05177Dsc05189
その後は、講義室に戻り、座学です。
地震の基礎知識、津波や余震など地震に伴う諸現象、観測の方法について学び、その知識を活かしてグループワークを行いました。

テーマは「海域での地震を詳細に知ることが、なぜ大切なのか」

・より早く地震の発生を知るため
・遠く離れた陸地からは観測できない地震があるから
など、グループごとに様々な意見交換・対話がなされました。

Dsc05213Dsc05245
実際に科学者と対話をし、実物に触れ、自ら考え意見を述べる、充実した講座の時間となりました。

2016/01/31 | 教科から