« 2016年度スタート! | トップページ | 2016年度 入学式 »

2016年4月 7日 (木)

2016年度の開始にあたって

2016年度の開始にあたって

 冬型の気圧配置となり、晴天でピーンと冷気の感じる3月1日、 第68期生が卒業いたしました。卒業生から記念品として檸檬の木とアリーナ前にガーデンベンチのセットを寄贈していただきました。正門前に植えられた檸檬は初夏には白い花をつけシトラスの香を、冬には黄金色の実をつけて学校を訪れる方々を最初にお迎えする木となることでしょう。在学中に東日本大震災を経験した最後の学年であった卒業生は、震災や大雨などの天災で休校となったり行事が中止されたりすることも多々ありましたが、いつも前向きに受け入れ、与えられた状況の中で精一杯に楽しむことのできる学年でした。卒業式・謝恩会はそうした学年カラーが前面に現れて良く泣き、良く笑い、心に残る1日となりました。

 3月22日にはセシリア伊東 千鶴子先生の追悼ミサが梅村 昌弘司教様の司式で行われました。40年以上にわたり理事長・校長として学園に尽くされた先生を偲ぶ多くの方々が参列されました。千鶴子先生は「セシリアの子は本当にいい子よ。」「ここに集まる人はセシリアファミリー」 が口癖でした。これからも先生の思いと育んできたものを大切にしてまいります。

 そして今日から2016年度が開始します。皆さんご入学・ご進級おめでとうございます。
新入生は新しい生活への期待と不安のなか、4月を迎えられたことと思います。 新しいセシリアファミリーとなる皆さんの入学される日を在校生・教職員ともに心待ちにしていました。これからのセシリアでの日々が豊かなものとなりますように祈ります。
  在学生は、それぞれ一学年ずつ上級生となりました。今年でなければ学べないこと体験できないことがあります。今の自分に与えられた場所を大切にして、また一歩、前進してください。

 さて2016年度学校では以下の取り組みを重点的に実施いたします。
  ①昨年度全学年が新教育課程への移行を完了しましたが、同時に反省点もあがって参りま  した。各教科・学年でこの反省をもと授業・学校生活での改善を図ります。
 ②授業以外の土曜講座や英語ゼミ(全学年)・数学ゼミ(高1・2)を継続いたします。
  ③2年前から“新しい学びの場としての学校”を目指して、中高生だけでなく保護者や地域の  方々を対象とした講座を拡充し施設の開放を勧めております。昨年も多くの方々からご利  用頂いております。今年度も継続いたしますので、保護者の皆様にはふるってご参加くだ  さい。
  ④昨年度から本格導入した新教務システムをにより、生徒管理(出欠・成績・活動の記録・進  路関係のデータ)などのコンピュータによる一括管理が完了いたしました。今年度から数  年をかけて生徒利用の分野(自主課題なども配信等)の導入を図ってまいります。
  ⑤夏休みを中心に今年度も既存校舎の改修工事を継続して実施いたします。

  最後に新年度開始にあたり、教職員の異動がございましたのでお知らせいたします。金井(英語)・増島(英語)・田畑(宗教・社会)・野島(養護<育休代行>)・小澤(事務)、休職中でありました石井(英語)と育児休業中でありました立貞(国語)が退職となります。新任として櫻本(英語)・小澤(数学)・佐武(英語)が赴任いたしました。また育児休業となっておりました郡上(養護)が復職いたします。また年度の開始にあたり、教科別担当者・担任一覧・年間行事予定表をお届けいたしますのでご参照ください。
 新任教員を加え気持ちも新たに教職員一同最善を尽くして参りますので、保護者の皆様にはこれまで通りのご支援を賜りますようお願い申しあげます。
                         2016.4.7
                                     聖セシリア女子中学校・高等学校
                                      校  長  青 柳  勝

2016/04/07 | 校長より