« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

高校3年生 特別講話Ⅱ

高校3年生の特別講話の2回目は、司法書士の三浦真弘先生をお招きし、高校生に向けた法律講座を行っていただきました。

三浦先生は、司法書士・行政書士事務所を開設されていらっしゃいますが、同時にフェリス女学院大学にて講師も務めておられます。また地域FMのパーソナリティーを務められたこともあり、法律を専門家以外にもわかりやすく伝えようと活動されている方です。
はじめに、「契約とは何か」というお話があり、「売買契約」など、学生が普通に生活していても身の回りにたくさんの「契約」事例があることを教えていただきました。
そして、学生が巻き込まれやすいトラブルについて、実際にあった事例などをご紹介いただき、どう対処すればいいのか、法律的にはどのように判断されるのかなど、お話いただきました。主に売買契約に伴うものや、アルバイトなどの雇用契約に伴うものを中心に、大学生になって注意しておきたいポイントをわかりやすく御教授いただきました。
普段意識することのない法律ですが、大学生そして社会人となったときに役に立つお話がたくさんあり、生徒も真剣に聴講していました。
本日はありがとうございました。
Img_14321 Img_14351

2017/01/30 | 学年から

聖セシリア フルート教室発表会

土曜講座「フルート教室」の発表会がおこなわれました。

フルート教室は今年で2年目です。今回は人数も内容もレベルアップした発表になりました。
次年度も実施予定です。この講座は主に保護者や近隣の方々を対象としております。お知り合いにもご紹介いただき、参加できます。
Image1
Image2
Image3

2017/01/30 | お知らせ

調理実習

待ちに待った調理実習が今日から始まった高校2年生。朝1限から元気いっぱいです。今日のお献立は親子丼、きり干し大根としらす、酢の物、味噌汁です。かつおといりこのだし汁を使った和食です。

久々の実習に少しとまどっていたようですが、グループの協力性はバッチリ。おいしい笑顔あふれる楽しい実習となりました。

Dscf9241Dscf9251Dscf9245Dscf9250

2017/01/30 | 教科から

2017年1月28日 (土)

社会科 土曜講座 矢倉沢往還と下鶴間宿巡検

土曜講座の体験学習で中学生6名と共に、下鶴間宿を中心に矢倉沢往還を歩きました。境川のほとりにある観音寺を起点に、大山阿夫利神社分霊社、下鶴間ふるさと館、鶴林寺、諏訪神社、山王神社と、江戸時代の下鶴間宿の絵図に載っている寺社をめぐりながら、二時間半ほどで鶴間駅に到着。江戸時代の雰囲気を残す景色を楽しみながらの充実した巡検でした。

Dscf9255_3

2017/01/28 | 教科から

2017年1月27日 (金)

中学生徒総会

本日7時間目の中学LHRの時間では中学生徒総会が開かれました。
総会では、生徒会活動報告や各委員会の活動報告、先日各クラスで行われた討議である、「通学路におけるマナー」についてのクラス討議報告が行われました。生徒会生徒中心となって、学校全体で取り組みたい議題でもあり、今後の学校生活にも活かしてもらいたいです。生徒総会の最後に、はじめのいっぽプロジェクトとして「聖セシリア生徒会企画 創立90周年記念 ラオス学校建設 はじめのいっぽプロジェクト」の概要が説明されました。中高一貫校であるセシリア全体で企画を共有することで、おおきな一歩目になればと、皆真剣な表情で聞いていました。

Cimg1793 Cimg1797
Cimg1829 Cimg1831

2017/01/27 | お知らせ

2017年1月24日 (火)

聖セシリア フルート教室 発表会

一般の方も参加できる土曜講座「フルート教室」の生徒による発表会が行われます。

日時  1月28日(土)   12:45開演 ( 12:30 開場 )


場所  聖セシリア 八角堂

内容  13名の生徒による演奏と講師演奏  ( 講師 : 宮原未羽 )

入場無料 
どなたでも見学できます。ご来場、お待ちしております。
Flute_img01

2017/01/24 | お知らせ

2017年1月23日 (月)

高校3年生 特別講話Ⅰ

  「自宅学習期間」 中の高校3年生ですが、毎週月曜日は「全員登校日」として、講話・合唱・LHRの時間を設けています。
  本日は卒業に向けての「特別講話」を実施いたしました。この講話は社会人の方から様々なお話をいただくことで、卒業後の個々の生き方の糧にする、という趣旨で行われるもので、本校3年生恒例のプログラムです。
 今年度1回目の講話は、昨年に引き続き「朝日新聞社 メディアラボ」で記者のお仕事をなさっている林亜季さんにお越しいただきました。お話の目線を18歳に置いて、ご自分の生い立ちや大学受験、現職に就かれるまでの経緯や、記者としてお書きになった記事の紹介、今取り組んでいらっしゃる企画等について、わかりやすくお話ししてくださいました。
  大学受験を目前に控えた3年生のために、最後まで諦めず、「強気で、笑顔で」頑張り抜くことの必要性、受験でも生かせる「よい文章の書き方」についてのヒントも教えていただきました。ご自身の経験から、大学時代に多くの体験をすべきこと、就職に向けての視点・視野を持ちながらも「自分探し」をしっかりとして、「好きなこと」と向かい合うことが大切であることなど、温かく親しみやすくお話ししてくださいましたので、受験直前の生徒にとっても大変有意義な時間となりました。
 本校では各クラスで朝日新聞を購読しており、また、中学3年生「企業見学」で朝日新聞社に伺わせていただいていることもあって林さんとのご縁が結ばれ、このような講話が行われております。
 生徒たちが、林さんのように、穏やかで優しく、かつ、自分の好きなことを仕事にして、自己実現・社会貢献のできる女性になってほしいと願います。
  様々な準備をしてくださったうえ、朝早くからご来校いただき、本当にありがとうございました。林さんのますますのご健康とご活躍をお祈り申しあげます。
Img_14031_2 Img_14111_3

2017/01/23 | 学年から

【高校1年生LHR】レクリエーション

先週から引き続き、今年度二回目のレクリエーションを行いました。

  先週はクラス一人ひとりがフリースローを行う種目とクラス対抗のバレーボールの試合が行われました。今日はその続きとしてバレーボールの試合を2試合楽しみました。

 準備運動(ラジオ体操)から盛り上がり、試合前には円陣が組まれました。体育係とバレー部部員が中心となってレクリエーションは進められ、珍プレー、好プレーに沸いた楽しいゲームとなりました。

 クラス、そして学年に生まれた強い「団結力」を今後の残り少ない学校生活にも生かしていきたいと思います。

Cimg1732Cimg1671 Cimg1668Cimg1679Cimg1720Cimg1712Cimg1711Cimg1764Cimg1771Cimg1752Cimg1786Cimg1788

2017/01/23 | 学年から

バレー部:第40回神奈川県私立中学校冬季バレーボール大会参加

 
バレーボール部は「第40回神奈川県私立中学校冬季バレーボール大会」に参加いたしました。12月18日に高校私学大会を終えた後、部としても目標としていた大きな試合です。実は同月に高校生の新人大会もあったのですが、「1月は中学生の月」と決め、この大会に賭けて冬休みの練習もして参りました。1月9日の予選では運良く2勝した後、ブロック決勝で主力選手のけががあり、2位での通過となりました。1月22日には他のブロックの一位チームに勝たなければそこで大会が終わってしまいます。後がない中、急遽フォーメーションを入れ替え、少ない練習時間を何とかつなぎ合わせながら準備をして当日を迎えました。その結果、大接戦の末、勝利することができ、高校生の大応援団、保護者の皆様と共に喜びを分かち合いました。3年ぶりのベスト8、5位の賞状を手にできたことは、皆様のお支えあってのものだと思っております。
 中学3年生にとっては最後の公式戦ということで、最後に中学生からプレゼントが手渡され、簡単に「中学部修了」のセレモニーもいたしました。
 中学3年生は火曜から、高校チームに合流です。そして新世代のチームが始動します。これからも部員一同心を合わせて邁進いたします。
 保護者の皆様を始め、応援してくださった全ての方々に感謝申しあげます。
 ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。
Img_1543 Img_1548 Img_1550 Img_1555

2017/01/23 | クラブから

2017年1月19日 (木)

コーラスフォーラム リベルタコンサート

1月15日、やまと芸術文化ホールにて秋川雅史さんのコンサートが開催され、「千の風になって」でコーラスフォーラムがバックコーラスを務めました。練習を積み重ねて迎えた当日。まずリハーサルにて、秋川さんのご指導のもと、丁寧に調整をしていきます。そして本番は、たくさんのお客様の前で緊張しながらも、心を込めて歌い上げることができました。ご来場いただいた皆様、応援していただいた皆様、ありがとうございました。

11 21

31 41

2017/01/19 | クラブから

2017年1月14日 (土)

社会科 土曜講座 絵図で見る江戸時代

本日、社会科の土曜体験講座が開かれ、神奈川県立歴史博物館の学芸員、根本佐智子先生が本校で講義を行ってくださいました。

江戸時代の絵図や史料を見ながら、本校の立地する下鶴間村の当時の様子や矢倉沢往還について、分かりやすくお話しくださり、地域への関心が高められました。学校のすぐそばに江戸時代やそれ以前の歴史にゆかりのあるものがたくさんあるというお話に、生徒は驚きをもって聞き入っていました。次回の体験講座では、学校近くの矢倉沢往還を実際に歩きます。根本先生、ありがとうございました。

Dscf9227_4

2017/01/14 | 教科から

2017年1月12日 (木)

高校3年生 センター試験 頑張れ!!

現在、高校3年生は1月14日、15日に行われる「大学入試センター試験」に向けて努力を重ねています。長期間にわたる積み重ね学習の成果が、遺憾なく発揮される二日間であってほしいと願います。各自の目標達成に向かって、最後まで諦めずに健闘していくことを、教職員一同、お祈りします。まずは、センター試験会場に向けて先生達のパワーを送ります!
センター試験を皮切りに、受験本番に向け、頑張れ!高校3年生!!
Photo

2017/01/12 | 学年から

1月7日に初釜が行われました。

茶道部の初めてお釜をかけてお祝いする「初釜」が茶道教授池谷氏茶室で行われました。席中の床には「永日雲飛鶴」(十一代家元 玄々斎宗室 筆)のお軸が掛り、例年通り蓬莱山飾り・結び柳・台子には、華やかな皆具が飾られ、お正月らしい風情が感じられました。まず炭点前を拝見し、湯相の整う様子を拝見しながら、濃茶では花びら餅、お薄は干菓子(干支の酉と水仙)をいただきました。普段手に取ることのできない道具も拝見いたしました。
初めての参加者も多かったのですが、静かな中にも和やかなひと時でした。今年もおもてなしの心を大切に稽古に励んで参りたいと思います。

001img_0008002img_0030003img_0046004img_0013005img_0032006img_0026

2017/01/12 | クラブから

2017年1月11日 (水)

成人の日のつどい

1月9日夕方、聖セシリア女子高等学校、第67期の卒業生による「成人の日 同窓会」が、ホテルセンチュリー相模大野にて開かれました。

90名以上の同窓生が集まった会場。
久しぶりに会った友人や、中高でお世話になった先生方と再会し、近況報告や中高生時代の話に花を咲かせ、旧交を温める場となりました。

一人一人の優しく明るい笑顔は、今も昔も変わらずそのままでした。

卒業生の皆様、これからもたくさんの良い出会いや充実した日々が続きますように。今後益々のご活躍をお祈りします。

Img_20170109_193157_2Img_20170109_191448Img_20170109_191607Img_20170109_184835Img_20170109_182943Img_20170109_183434Img_20170109_181432_2
Img_20170109_192538

2017/01/11 | お知らせ

2017年1月10日 (火)

新年のつどい

長かった冬休みも終わり、新年の始まりを告げるかのような活気が校舎にも戻りました。
2017年初日の登校日。久しぶりに会う友だちとの会話も弾み、朝から教室中に生徒達の笑い声が響いていました。今朝は新年のつどいとして、全校合同の朝礼を行い、全員で聖書を読み、聖歌を歌いました。理事長先生に続き、校長先生のお言葉を頂きました。部活動や、個々の活動で素晴らしい活動をした生徒の人たちの表彰式も行われました。
全校合同朝礼の後は、各教室に戻り、全員で清掃を行いました。年始の大掃除も完了した後は、通常授業です。冬休みも名残惜しいですが、切り替えて、真剣な表情で授業にのぞんでいました。

Cimg1649 Cimg1648
Cimg1657 Cimg1663

2017/01/10 | お知らせ

2017年1月 1日 (日)

2017年 新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申しあげます。

  昨年の12月22日に全校でクリスマスをお祝いして10日がすぎ、生徒の皆さんはご家族と
穏やかに新年を迎えていらっしゃることと思います。私はクリスマス実行委員からいただいた
厚手の靴下をはいて、大晦日の夜を暖かく過ごし、気持ちよく新年を迎えることができました。
プレゼントをありがとうございました。

   昨年は2月に40年以上にわたり学園長を務められた伊東千鶴子先生が帰天され、3月に
学園で追悼ミサがあげられました。その悲しみが癒えないうちに新年度を迎えました。 しかし、
4月の始業式で登校してきた生徒の笑顔と、その後のいつもと変わらない賑やかな日常が
スタートすると少しずつ悲しみが癒やされていったように思います。いわば学校全体が生徒の
皆さんに救われたのだとも言えると思います。おかげですべての年間予定も無事にこなすことが
できました。年末に中学3年生一人ひとりと終了面談を行いましたが、今年度に実施した行事
の中で印象に残っているものとして10月の「体育祭」で感じた一体感や、11月の「記念発表会」
の舞台での緊張感をあげる人がたくさんいました。毎年同じようにめぐってくる学校行事ですが、
それぞれの年のカラーがあり、1つ1つが皆さんの成長を促していることを感じました。

 高校3年生の皆さんは、年末年始も勉強に励んでいることでしょう。今が一番苦しい時かも
しれませんが、出口のないトンネルはありません。一歩ずつ出口の光に近づいていると信じて
頑張りましょう。教員全員で応援してます。

   保護者の皆様には、昨年中も物心にわたるご支援いただきありがとうございました。いつも
お支えいただいていることに感謝しております。

   同窓生の皆さん、お元気ですか。昨年もたくさんの卒業生が学校を訪ねてくれました。皆さん
がそれぞれ与えられた場で幸せに過ごしていることを祈っています。年が明けると間もなく成人
のお祝いをかねて、平成26年度生の同窓会が開かれます。晴れ着姿を楽しみにしています。

 そしてこれから本校を受験される小学生の皆さん。あと1ヶ月で入試となります。セシリアの
中庭には桜・紅葉・いちょう等たくさんの木々があります。今は葉を落として枯れ木のようです
が、入学式の頃には若葉が芽吹き、色とりどりの花が咲いて皆さんを歓迎することでしょう。
春に新入生となった皆さんと一緒に見られることを楽しみにしています。睡眠・栄養をしっかり
とって風邪をひかないようにしてください。

  2017年が皆様にとって良い年となりますようお祈りしております。


聖セシリア女子中学校・高等学校
校 長    青  柳       勝
教 職 員 一 同

2017/01/01 | 校長より