« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

卒業式予行練習&高校3年生を送る会

セシリアでは明日高校3年生の卒業式が行われます。

そのため本日の午後は中高全体での卒業式の予行練習が行われました。
式の流れに沿って練習を行いますが、まずは歌の練習を音楽科教師主導の下行われました。
また、礼の仕方などの確認も行いました。
Cimg2091Cimg2092Cimg2103Cimg2105Cimg2111Cimg2107Cimg2116Cimg2117Cimg2125
練習終了後、中学生は教室に戻り、高校生は生徒会長を中心に高校3年生を送る会を行いました。
そこで、1、2年生は3年生に歌をプレゼントしました。
3年生からはお返しに歌のプレゼントと各クラスに手作りのブックスタンドを頂きました。
Cimg2160Cimg2164Cimg2170Cimg2176Cimg2184Cimg2189Cimg2198Cimg2199Photo


高校3年生は明日が最後の登校になります。新しい門出をお祝いしましょう。

2017/02/28 | お知らせ

2017年2月27日 (月)

高校3年生 卒業に向けて・・・・・・卒業まであと2日!

卒業式が近づくにつれ、当日のお天気も気になり始めます。今のところ3月1日の天気は「晴れのち雨」、晴れが夕方までもってくれることを祈るばかりです。
  今日は卒業式の練習のあと、高校3年生、教職員が集って記念植樹が行われました。今年の木は「銀梅花」です。銀梅花は、愛の女神に捧げる花と考えられ、イワイノキという別名があります。開花は5月~7月で梅に似た白い花が咲き、結婚式の飾り花やブーケに利用されるそうです。今回は、銀梅花2本を教職員、高校3年生で少しずつ土を盛り植樹しました。
 毎年「青葉祭」の時期に、かわいらしい白い花を咲かせた姿が見られること、また今年度の卒業生達がたくさん遊びに訪れてくれることを祈っております。
1   2   3   4

2017/02/27 | 学年から

保護者のための薬膳料理教室

「お腹の中からデトックス」をテーマに体に優しい健康料理教室を開催いたしました。
お休みにもかかわらず、 沢山の皆様がご参加くださいました。
お腹が、元気であると さまざまことに影響します。 肌、免疫、月経、子宮などなど・・・
食材から改善する方法などをお話いただきました。とくに 10代の女の子をもつお母様にお伝えしたいテーマでした。

調理実習のメニュー   ○サトイモのカレー
              ○パプリカのスパイス炒め
              ○春菊の簡単サラダ
                               ○ターメリックライス
                               ○あったか黒ゴマプリン
                               ○薬膳茶

         
講師は、卒業生の北山彩子さんでした。自由が丘にあるFOOD and LIFEにて、薬膳でココロもカラダも元気に!をコンセプトに、 身近な食材で健康につなげる薬膳料理教室を開かれています。(お料理から学べる薬膳初心者向けのクラスから薬膳理論を学べるクラスまで用意されています。) ◆お教室のURLはこちらです→ http://foodandlife.co.jp/
参加された保護者の方から感想をいただきました。
◇初めての薬膳料理教室は、楽しく、美味しく、そして大変勉強になりました。体質や症状のタイプによって摂る良い食材が違うなど、全く知らないことでしたので、とて興味深かったです。家庭の健康のため、美容のため、思春期の子どものケアのためにも食事を見直す機会になりました。
◇身近な食材と簡単に手に入るスパイスでできるとても美味しいメニューでした。家族にも喜ばれるお料理なので、今日は春菊のサラダを作りました。座学では、「薬膳とは」をわかりやすく教えていただき、健康管理や体質改善、アンチエイジングなど、それぞれの目的にあった効果的な食材と具体的な使い方を学ぶことができました。

Img_20170225_102523_4  Img_20170225_102606_2
Img_20170225_122806  Img_20170225_123209

          Img_20170225_125954

2017/02/27 | お知らせ

2017年2月24日 (金)

高校3年生 卒業に向けて・・・・・・卒業まであと3日!

今日は卒業式の第一回目の学年練習と松和会(本校の同窓会の名称です)入会式、大掃除が行われました。
  卒業式練習に先立ち、卒業認定及び個人賞の発表がなされました。式の流れが説明された後、簡単に練習をいたしましたが、いよいよ「卒業」が臨場感をもって意識されるものになってきたようです。松和会の入会式では会員の渡邊さん、原先生からお話をいただのちに、今年度の松和会代表の紹介が行われました。松和会からは卒業生にロザリオのプレゼントが贈られました。大掃除では3年生が一年間過ごしてきた高校校舎2階 を中心に清掃をさせていただきました。
 終礼後は、テレサ館3F和室にて「呈茶会」が行われました。希望者のみでしたが、多くの生徒と教職員が参加し、大盛況となりました。普段、正座に慣れていない生徒、教職員も、お茶のおいしさに、しばし足のしびれを忘れ楽しむことができました。
2月27日(月)は、卒業の記念植樹をいたします。お天気になりますように!
Photo   Photo_2   Photo_3   
Photo_4

2017/02/24 | 学年から

高3保護者の方から記念品をいただきました

3月1日の卒業式生に先立ち、高校3年生の保護者の方から、全教職員への感謝の気持ちとして「ふくさ」をいただきました。事前に教員が希望した色や刺繍入りのもので、どれも品のある色合いで、とても素敵なものです。ありがとうございました。(教職員一同より)

1 2

2017/02/24 | お知らせ

2017年2月23日 (木)

合唱会

本日6校時の時間、中学校では合唱会が行われました。
今日の日に向けて、各クラス、朝練など練習を重ね、本番を迎えました。
中学1年生から順番に、壇上に上がり、緊張しながらも、どのクラスも見事な歌を披露しました。中学3年生は全編英語詩による歌に、振り付けなどもつけ、楽しそうなステージを作りました。発表が終わると、やりきった達成感からか、クラスメートとハイタッチを交わすクラスもありました。合唱会の最後には、本日最終授業を受けた、高校3年生が特別ゲストとして歌を披露してくれました。合唱会を通して、またさらにクラスが団結したように感じます。

Img_4865 Img_4862
Img_4857 Img_5141
Img_5163 Img_5165
Img_5546 Img_5587
Img_5592 Img_5593

2017/02/23 | お知らせ

2017年2月21日 (火)

高校3年生 特別講話Ⅳ「錬成会」

受験終盤となりました。受験を終えて、学校に戻ってくる生徒も少しずつ増え、教室にも活気が戻り始めています。特別講話の5回目は錬成会として、サマーセミナーでもお世話になった上智大学イグナチオ教会司祭ハビエル・ガラルダ神父様からお話しを伺いました。

昨年6月「生きる」ことをテーマに、講話やディスカッション、スピーチ等によって思索を深める「サマーセミナー」が行われました。サマーセミナーでは、ガラルダ神父様にも「明るい真剣さで生きる」という題でお話をいただき、「生きがい」や「友情」について真剣に考えました。
 今回の錬成会は、それから半年を経て、受験を体験し、高校生活をまもなく終えて次の舞台へと歩を進める生徒の心に届く内容でした。
  「友情」はあらゆる人間関係の基本であり、仲の良い友だちとは、友情の特徴をよく踏まえている関係であるというお話から講話が始まりました。友だちになるのは簡単で、友だちでいるのは難しいこと、友情はつかず離れずのさっぱりした人間関係を基盤にすること、自己中心的ではなく、相手を利用しないことの大切さ、また謙虚な気持ちから生まれる忍耐の心の必要性など、いつものように、分かりやすい表現でお話くださいました。
 いつものことながら、ガラルダ神父様のお話は、心に自然に溶け込むようにうかがうことができます。3年生はサマーセミナーのパンフレットにメモを残し、話をうかがっておりましたが、それは心が豊かに耕されていることにほかならないことだと感じました。
 神秘様のお話のあと、高校3年生から感謝の心を込めて、江戸切り子のグラスがプレゼントされました。高校3年生のグラスでゆっくりとワインを飲んでいただければと思います。
   永きにわたり学園の諸行事を支えてくださった神父様に感謝し、これからのますますのご活躍とご健康とをお祈りするとともに、引き続いてご指導いただけますようお願い申しあげます。
Photo_2  Photo_3

2017/02/21 | 学年から

今年もスプリングコンサートの季節がやってきましたよ!

毎年、大好評の吹奏楽部定期演奏会【スプリングコンサート】が、今年も行われます。

今回は、できたばかりの新しい地元ホール(やまと芸術文化ホール)に登場です。
是非、みなさんでご来場下さい。
Image1
聖セシリア女子 吹奏楽部 スプリングコンサート2017

日時 : 2017年 3月31日(金)  (開場 17:00) 開演 17:30
場所 : やまと芸術文化ホール (大和駅徒歩3分)
プログラム抜粋 : 主よ人の望みの喜びよ、アンダーザシー、アルメ二アンダンスpart2、
            海の上のピアニスト、他
 
  入場無料

2017/02/21 | クラブから

【 テニス部 】

   テニス部は、中学・高校共に冬季大会を終えました。
   2月からは山内卓コーチが、週2回指導に来てくれています。
   技術面・戦術面で教えていただくことが多く、春の大会に向けて部員一同練習に励んでいます。

 山内コーチ よろしくお願いいたします。

Img_47891Img_47901Img_47911


Img_47921Img_47931


Img_47951






2017/02/21 | クラブから

2017年2月20日 (月)

北相地区冬季大会(高校生)、神奈川県私立中学校新人大会(中学生) に出場しました [バスケットボール部]

高校生は1月28日(土)に北相地区冬季大会に、中学生は、2月12日(日)に、神奈川県私立中学校新人大会に出場しました。
日頃の練習の成果を試し、それぞれに課題を見つけることのできた良い機会となりました。
試合前にはOGも度々足を運び、激励をしてくれました。
保護者の皆様を始め、声援を送ってくださった皆様、ありがとうございました。
今後もバスケットボールクラブを応援していただけるよう努力していきたいと思います。


Dscf9229Dscf9234 Dscf9238Dscf9286

2017/02/20 | クラブから

2017年2月18日 (土)

「お父さんのための料理教室」が行われました。

「お父さんのための料理教室」が行われ、小学校から卒業生までのお父さん7名が参加しました。
今日の献立は「茶碗蒸し」と「鮭のホイル焼き」。まずは家庭科の教員による作り方の説明から始まりました。ここでは作り方だけではなく、日頃の授業の様子などユーモアを交えた話しもあり、とても和やかな雰囲気で進行していきました。

1 2
一通りの説明のあとはグループに分かれ、実習スタート。お父さんたちはとても段取りよく、器用に調理していきます。「包丁の使い方が上手ですね」と家庭科の教員に褒められ、ちょっと嬉し恥ずかしそうな顔をするお父さんも。
3 4
5 6
「茶碗蒸しは口に入れて溶ける感じに。小さな穴があく”すが立つ”のはちょっと失敗です」との説明に、出来上がり具合を真剣に見つめるお父さんたち。

708
どのグループも上手に出来上がり、口にした途端、「ほんとに茶碗蒸しだぁ。美味しい」との声が聞かれました。さっそく今晩、我が家で実践でしょうか?

9 10
11 12

お父さんのための料理教室については、「とても楽しい。2ヶ月に1度位やって欲しい」との感想が聞かれました。

13

2017/02/18 | お知らせ

2017年2月17日 (金)

Bブロック スキー 

中学生・高校生ともに無事学校に帰着しました。

2017/02/17 | 学年から

Bブロックスキー3日目

合宿最終日、昨日に比べ風が強く、雪がちらつく天気となりましたが、午前2時間の講習を無事終えることができました。
中学生は、行動範囲も広がり、リフトからみられる野生動物の足跡や樹木に積もった雪の美しさを眺める余裕もできました。
「スキー、めちゃ楽しい!!」という声が沢山聞こえてきました。来年が楽しみです。
高校生は昨晩の講義後にスキー学校の先生に技術的な悩みについて質問することによって検定に対する不安も薄れ、試験に臨むことができました。良い結果が期待できそうです。
昼食後にバスに乗り、学校に向かいます。18時頃到着予定です。

Img_20170217_085652_3 Img_20170217_092309

Img_20170217_094207_2 Img_20170217_094143

Dsc_0603

Dscf9311

2017/02/17 | 学年から

2017年2月16日 (木)

Bブロックスキー(2日目)

二日目も、雲ひとつない青空が広がっています。
皆食事をしっかりとり、元気いっぱいです。昼食後には、インストラクターの先生方によるデモンストレーションがあり、迫力ある滑りに歓声をあげていました。
中学生は、スキー板の着脱にも慣れ、リフトに乗って広いゲレンデに滑りに行く班も増えました。お友達と助け合いながら楽しく滑っています。
夕方には、レクリエーションとして、そりレースを楽しみました。
高校生は、浅間山や妙高山など、雄大な眺めを楽しめるパノラマゲレンデで滑りを何度も確認していました。インストラクターの先生方の励ましに奮起し、難しいことにも意欲的に取り組み、失敗も楽しめています。
明日はいよいよ最終日です。中学生は来年につながるよう、高校生は検定試験に合格できるように頑張っていきましょう。

Img01713 Photo
Img01717 Photo_2
Img01729_2 Cid_b203e5e528f74cf2873346ffaf822e3

Img01735_3 Img_20170216_154153

P1020532

P1020536

2017/02/16 | 学年から

2017年2月15日 (水)

Bブロックスキー(1日目)

朝7時30分に学校を出発し、万座に到着。皆元気です。
美しい青空が広がっています。
開校式を経て、各班の講習が始まりました。
初めてのスキーにドキドキしながら板の装着から学ぶ中学3年生。
検定合格を目指し、インストラクターに意欲的についていく高校1年生。
この3日間で各自の目標をクリアしてくれることでしょう。

Img_0462 Cid_b3708f819c094a6594a103a39305593
Imgp0609 Cimg1988
P1020471 Cimg1997_2
P1020484 Cid_4eeec11f32a6478b953014952abc3_2

2017/02/15 | 学年から

2017年2月13日 (月)

高校3年生 特別講話Ⅲ「日本の国際協力」

  二月も半ばを迎え、いよい受験真っ盛りの今日、高校3年生は、第4回目の特別講話を伺いました。本日は外務省より同省・国際協力局国別開発協力第二課の松本勝弘氏をお迎えし、「日本の国際協力」という演題でお話しをしていただきました。
 戦後の日本は、世界中からの援助を糧に必要なインフラ整備を行うなど、奇跡的な経済発展を遂げました。1990年7月には世界銀行からの借款を返済し、「東アジアの奇跡」といわれるほど、世界最大の援助国になりました。その日本のODAの二つの柱は「円借款」と「技術協力」です。なぜ、「無償資金協力」ではなく「円借款」なのか、また、現地の経済成長に結びつく「技術協力」とはどのようなものであるべきか、具体例を挙げながら分かりやすく説明していただきました。
 松本さんが繰り返しおっしゃっていたことは、途上国の問題に目を向けることは、地球の未来と世界の平和を守るためであり、日本自身の将来を支えることに繋がるということです。これから大学で学ぶ生徒たちにとって、ODAについて知るだけでなく、社会で活躍される方のお話しを伺って視野が広がり、大いに触発された講演会となりました。
質疑応答の時間では、これから社会に出て行く子供達に語学の大切さ、特にリスニング力の重要性を熱くご説明いただきました。
 松本さんのますますのご活躍を祈りつつ、生徒も積極的に「日本」や「世界」について、自己について、より深く見つめていって欲しいと願います。本日はありがとうございました。
 Oda

2017/02/13 | 学年から

2017年2月12日 (日)

水泳部

日大中学高等学校において、中学高校合同の私学記録会に参加しました。
シーズンオフでもベストタイムを出した選手もいました。また中高生の仲も深まり有意義な記録会となりました。
これから、シーズンに向けて、また頑張ります。
Thumbnail_image11

2017/02/12 | クラブから

2017年2月10日 (金)

創立者記念のつどい

創立者記念のつどいとして、伊東静江先生、千鶴子先生を偲んで全校合同朝礼が行われました。聖セシリアは、創立88年目を迎えました。創立者である伊東静江先生は、「信じ、希望し、愛深く」を心の糧として、神を織り、人を愛し、奉仕する心をもって社会に貢献できる女性の教育を目指しました。前学園長の伊東千鶴子先生も私たちが自立した女性に成長できるよう導いてくださいました。昨年、89歳で逝去されましたが、先生の意思は引き継がれています。「神様に愛され、幸せな人は、よく生きることが大切」と話されていました。
また、お二人は「祈りの人」でした。私たちもよく生きることができるよう、神様への感謝の気持ちを持ち、祈ること、愛することを大切にしていきたいです。
つどいでは、聖書を読み、聖歌を歌い、全校生徒でお祈りを捧げました。
最後には大会やコンクールで優秀な成績を修めた団体や個人の表彰が行われました。
生徒一人1人の活躍に伊東静江先生、千鶴子先生もお喜びになっておられることでしょう。

Cimg1931 Cimg1954
Cimg1972 Cimg1982

2017/02/10 | お知らせ

2017年2月 6日 (月)

高校3年生 特別講話Ⅲ

 高校3年生の特別講話の3回目は、本校卒業生の竹内慶子さんをお迎えし「マナー講座~一生の財産「品格」を身に付ける~」と題してお話ししていただきました。竹内さんは現在、司会・ナレーター・マナーインストラクターとして放送局や大学でご活躍なさっており、本校の学校紹介DVDのナレーターもお願いしております。

  講話に先立ち、ご自身の高校時代から現職に至るまでの経緯と、「縁」を大切にする、というお話がありました。人との縁によって自分の可能性が拡大し、自らが成長できる場を持てたという、ご自身のご体験から講話が始まりました。
  まず最初にお話しになったことは「第一印象の重要性」。他者と接するとき、その人の第一印象を決めるのは視覚的要素が最も高いということ、そこからマナーの基本となる「身だしなみ、挨拶、態度、言葉遣い、表情」という五大要素の説明がありました。ルールはしなくてはならないきまりであり、マナーは相手への思いやりの心から行われるものであるため、この五つのことを心にとめて人と接することが他者への心配りになる、という内容でした。
 「挨拶」と「お辞儀」については実技演習もしていただきました。「マナーは『心』が伴い、『形』でするもの」、「言葉遣いは心遣いであり、心と品格を伝えるもの」、「同時礼と分離礼について」、「誤って使ってしまいがちな言葉遣い」など、具体的で実践的なことをたくさん教えていただき、卒業を控えた3年生にとっては大変有意義な時間となりました。
  本校Cブロック(高2高3)の目標の一つとして、「品位と教養ある女性となる」ことが掲げられています。本校での六年間は、Dブロック、つまり卒業してから生涯にわたっての期間を「幸せな人」として生きるために必要な力を養う時間です。人として、特に女性としての「品位と教養」を養うために、竹内さんに話していただけたことは、3年生にとって大きな財産になったことと思います。                                                         
 大学生の就職サポートから社会人企業研修まで幅広くご活躍されている竹内さんの、今後ますますのご健康とご活躍とをお祈りします。
  本日はありがとうございました。
Img_14461
 指導を受ける前の「お辞儀」
Img_14491 Img_14511
 指導を受けている途中の様子
Img_14521
 指導をいただいた後の「お辞儀」

2017/02/06 | 学年から

優秀演奏校賞(相鉄賞)受賞! ギター・マンドリンクラブ♪

こんにちは。ギター・マンドリンクラブです。Photo_2
昨年12月に昭和音楽大学で行われた

「神奈川県高等学校 器楽管弦楽演奏会」

に出場し、優秀演奏校に贈られる「相鉄賞」を受賞しました!
Dsc05439_2_3Dsc05213

演奏曲: ♪ 情熱大陸   (葉加瀬太郎 作曲 / 小関利幸 編曲)
      ♪ 歌劇「セビリアの理髪師」序曲
                        (G.ロッシーニ 作曲 / 久保田孝 編曲)
Mn02Dsc05021

夏には大阪で行われた全国大会に出場、精一杯演奏するとともに舞台に立つ達成感を味わいました。

また、他校の素晴らしい演奏を実際に聞くことができました。

その思いを忘れず、秋以降も練習を重ね、部員・コーチ・顧問共々、力を合わせて技術の向上に励んできました。

部員の頑張りが実を結んだことを喜ぶとともに、日頃活動を支えてくださる保護者の皆様、学校関係者の皆様、関係各位の皆様に改めて感謝申し上げます。

Photo_3

Dsc05226_4_2※1月に、神奈川県立青少年センターにて行われた

「神奈川県高等学校 総合文化祭  総合閉会式」にて表彰式が行われました。

Photo_6

2017/02/06 | クラブから