« ほぼ満開! | トップページ | 2017年度始業式 »

2017年4月 6日 (木)

2017年度の開始にあたって

 2017年度が開始します。ご入学・ご進級おめでとうございます。
特に新入生は新しい生活への期待と不安のなか、4月を迎えられたことと思います。 新しいセシリアファミリーとなる皆さんの入学される日を在校生・教職員ともに心待ちにしていました。これからのセシリアでの日々が豊かなものとなりますように祈ります。

 3月1日、第69期生が卒業いたしました。大震災の年に入学してきた生徒達でした。横浜で開かれた謝恩会で「私たちは自己表現の下手な学年で、なかなか言いたいことも言えず、言えば言ったで本当の思いとは違う言葉になっちゃったりして、何考えているんだろうと思われることも多く、本当に手のかかる122人だったと思います。それでも先生方はあきらめないで叱り、励まし続けてくれてありがとう。」いうスピーチがありました。謝恩会の最後はとても自己表現が下手だったという学年とは思えない伸びやかで気持ちの伝わる学年合唱で締めくくられました。

 卒業式の数日後、出張先で “麦踏み” の光景を見ました。冬枯れした景色のなかで麦の植えられた畝だけに青々とした新芽が芽吹いています。近年は機械で行われることが多いそうですが、おそらく家族ではないかと思われる数名の人たちが10センチもないような柔らかい麦の芽を横歩きで踏みつけていました。麦は踏まれることで深く根を張り、茎は傷つくことで太くなって倒れなくなり、多く枝わかれして豊かな稔りをもたらすといわれており、いわば
“試練”を与えて成長を期待する農作業が麦踏みだそうです。この光景を見ながら卒業生のことが思い浮かんでまいりました。6年間の間にはそれぞれ“麦踏み”の時があったのだろう。それがあったからこその卒業式の姿だったのだと思いました。そして今年度の在校生に対しても、大切に守り育てると同時に“麦踏み”もしなくてはいけないのだと感じました。

 さて2017年度学校では以下の取り組みを重点的に実施いたします。
 ①新教育課程へ全学年移行完了に伴い、教科指導の改善を実施します。
  →中学3年生で学習内容が増加した英語に関して、習熟度別クラスを導入いたします。
  →昨年度は意識的に各教科でアクティブラーニングの手法を取り入れる授業を導入しま   した。今年度もその反省をもとに引き続き意識的に導入して参りたいと思っております。 ②昨年度から教務システムの管理部門(出欠・成績・活動の記録・進路関係のデータ)だけ  でなく、生徒利用の分野(自主課題など)の一部利用を開始しました。今年度は更に   この分野の利用を拡大していきます。
  ③夏休みを中心に今年度も既存校舎の改修工事を継続して実施いたします。
  ④今年度より中学3年~高校2年生の希望者を対象に、イングリッシュ・キャンプ(国内)と  ヴィクトリア市(カナダ)でのホームステイをセットした海外研修を実施いたします。
  ⑤今年度は聖セシリア祭の開催年となります。(10/20・21・22 )

 
 今年度も気持ちも新たに教職員一同最善を尽くして参りますので、保護者の皆様にはこれまで通りのご支援を賜りますようお願い申しあげます。

                         2017.4.6
                                     聖セシリア女子中学校・高等学校
                                      校  長   青 柳  勝

2017/04/06 | 校長より