« 新入生へのお祝いのメッセージ | トップページ | オンライン授業が始まりました »

2020年5月 3日 (日)

【 科学実験・プレゼンテーション講座・活動記録 ⑤ 】

SDGs ワークショップ  (於:日本科学未来館)
2015年9月にニューヨークで開催された国連サミットにて
”SDGs Sustainable Development Goals”
:持続可能な開発目標
が採択されました。
Sdgs01

私たちが持続可能な社会を実現するには、SDGsの掲げられた目標の背後にある数多くの課題を自分の事としてとらえ、その達成に向けた活動に対してリーダシップを発揮し、取り組んでいくことが重要です。
2_20200503175702Dsc04280_20200503175701
本講座では、日本科学未来館により開発されたプログラムを用いて、講座を行いました。
「気候変動問題」を主な題材として、体験的に理解するプログラムです。) 
 
Dd-2_20200503175701 Kk-2 
参加者の生徒は、それぞれの国のリーダーの立場になって、気候変動に伴う危機 から国を守るために、科学者が示した情報や自国の経済事情などをもとに国や世界の方針を決めていきます
Dsc04272_20200503175701 Dsc04239_20200503175701
ゲーム中様々な気候変動による危機が訪れ、時にパンデミックも発生します。チームごと、チームを超えて力を合わせて、みんなで危機をどのように乗り越えていこうか、ファシリテーターに支えられながら、活発な議論が行われました。 Gg-2_20200503175701Dsc04287_20200503175701
(参加した生徒の感想です)
・ワークショップを通して、楽しく学ぶことができたと同時に 地球で起こっている問題をより身近に感じ、災害への危機感や解決方法を考える貴重な機会でした。
各国それぞれ抱えている問題は違うのはもちろんですが、その中で、自分が担当した国が他の国に助けられたとき、国同士の協力の大切さに気づかされました。
・様々な国が一つになって世界を守っているとわかったので、他人のことと思わずに関心を向けていきたいと思いました。
・先の問題を予測し、対策を立てることは難しかったけれど、とても重要なことだと思いました。
・まさか自分の国が滅びるとは思いませんでした。自国のこと、他国のことをよく考えて行動しなければ、最終的には全世界に影響が出るという事がよくわかりました。
Ccdsc04326

2020/05/03 | 教科から