« 高3保護者の方から教職員へ御礼が贈られました | トップページ | 中学新聞委員会より ~セシリア オンライン新聞~ »

2021年2月28日 (日)

中学新聞委員会より ~セシリア オンライン新聞~

こんにちは、中学新聞委員会です。

1月号 に続き、今回は、セシリアの特徴的な授業について、生徒目線でご紹介していきます!

 

【2月号 前編】セシリアの特徴的な授業について

 

①宗教

 「宗教」は、キリスト教の学校ならではの授業です。聖セシリアでの「宗教」は、聖書を使って、イエス・キリストの教えを知ったり、映像を見たりしながら勉強をしています。

 授業で使う聖書は、イエス・キリストの話した事柄を弟子たちが書き記したものです。その聖書の中には、どんな人でも助ける心や、誰か一人が特別なのではなくみんな特別な存在だという、人生においてとても大切なことが書かれています。なかでも私は、サマリア人が困っている人を助けるというたとえの授業がとても印象に残りました。

 みなさんも、聖セシリアに入学して、聖書から、大切なことを学んでみませんか?

 

②イングリッシュ・エクスプレス

 中学二年生の「イングリッシュエクスプレス、通称「EE」では、クラスで一つの演目を音楽に合わせて歌やダンスを入れながら、英語で劇をします。

 劇では、マーブルスという英語芸術学校から先生方をお招きして、演技や細かい英語の発音を教わります。本番は夏と冬の年二回あり、一週間に一回の授業で練習してきたことを発表します。他の学校ではできない貴重な体験をすることができる、楽しい授業です。

Img_3910_20210301081201

③英語・数学のクラス分け

 中学三年生では、英語と数学の授業は応用・標準・基礎というように習熟度別のクラス制になります。クラス分けは、主に定期試験の点数で決まります。上がることも下がることもあり、なかには二つ一気に上がる人もいます。数学も英語も、中一、中二で学んだことをもとにさらに発展的な授業を進めていくので、難しい内容も扱います。また、後期からは高校の内容も扱います。これにより、さらに勉強を頑張ろう、という気持ちになる制度です。

 

→→2月号 後編に続きます。

2021/02/28 | お知らせ