« 中学生徒会 クラス討議に向けて | トップページ | バレーボール部:「クラブ交流会」に参加しました »

2021年12月 4日 (土)

土曜講座「クリスマス映画観賞会」

11月28日より今年の待降節が始まりました。

待降節は、クリスマスを待つ喜びの季節です。何を待つのかというと、イエス様がお生まれになること、そして、私たちを迎えに来てくださるイエス様を待つことです。

クリスマスというと、プレゼントをもらったり、ケーキやごちそうを食べたりすることを楽しむイメージがありますが、実は私たちの元へ直接会いに来てくださる神さまを待つ喜ばしい日なのです。

 

セシリアでも、主のご降誕を待つ心温まるひと時を過ごすために、12月4日に宗教科よりクリスマスの映画鑑賞会を実施しました。今年のテーマは「信じることの大切さ」です。目に見えないものを信じることはとても難しいことですが、映画を通してみんなで楽しく考える時間となりました。「信じることの大切さ」について、聖書にもこのように書かれています。

「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」(コリント信徒への手紙二 4章18節)

今回鑑賞したのは、ロバート・ゼメキス監督の「ポーラー・エクスプレス」です。北極点まで猛スピードで走る機関車で繰り広げられるスリルいっぱいのアドベンチャーを楽しみつつ、信じる心に起きるクリスマスの奇跡を、聖セシリアの小学生から中・高校生、そして保護者の皆様と楽しみました。小学生からは見終わったあとに「ハラハラドキドキしました」と楽しそうに声をかけてきてくれ、中高生からは「みんなと鑑賞できてよかった。小学生の反応がとっても可愛かった!」という声が聞こえました。

最後にはウクレレの演奏と共に、クリスマスソング「あわてんぼうのサンタクロース」と「あめのみつかいの」をみんなで歌いました。私たちを愛してくださる神さまを信じ、神さまに心を向けてこの待降節を過ごすことができるよう、待つ喜びを感じながら歌を通してお祈りすることができて、嬉しく思います。

 

また、年明けには【土曜講座 教会訪問】も予定しております。本校より徒歩10分ほどにある大和教会にて、1月8日(土)に神父様の講話とミサに与ります。皆様と新年を迎えられる喜びを分かち合う時間を過ごせたら幸いです。どうぞ皆様のご参加をお待ちしております。

どうぞ皆さまも良いクリスマスをお迎えください。

001_20211204160901002_20211204160801003_20211204160901004_20211204160901  

2021/12/04 | 土曜講座